桑原水菜 イルゲネス(上) The genetic Sodom Ilegene

私のおすすめ度 5
マッグガーデン MagーGarden novels 2007年09月

あらすじ

遺伝子操作のクローンの売買が横行している島「誕生の島(イルゲネス)」
レイは元首フォン・フォーテンブラスに対し、何かに突き動かされるようにテロ活動を行う。

レイが偶然知り合ったのは、フォンが前政府を倒した革命の時の仲間ジェイクィズ・バーンだった。彼にフォンを狙うのをやめるよう説得されるが、レイは島の浄化が本能として組み込まれている人造体だった。

感想

炎の蜃気楼を読んでからは、桑原さんの何を読んでもそれと比較してしまうので、どうしてもミラージュに比べると内容の濃さで劣っている気がしてしまいます。
がんばって、単体で見てみようと思うのだけどやはり無理です。

話はそれほど目新しい感じはしません、一時間ほどで一気に読めたので、読みやすいのは読みやすいと思います。
ミラージュの前に読んでいたら、また別の感想を持ったかもしれません。

桑原水菜 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました