J.グレゴリイ キイズ 水の都の王女(上)

私のおすすめ度 4
早川書房 ハヤカワ文庫 1997年10月

あらすじ

王女ヘジはいとこのデンを探すため宮殿を抜け出そうとする。
この世界では霊となった者は名前の後に「ナタ」をつけ、彼女以外は皆デンのことをデナタと呼ぶが、ヘジはデンが生きていると信じていた。
しかし上手く宮殿を抜け出せないヘジは、その方法を探すため図書保管室へと通うが、ある日父に宮廷に呼び出され、そこで亡霊に襲われる。

小川の女神に恋する少年、ペルカル。
そこへ新しい領地を求め旅をする大族長が、山地の古き森パラトへ行き〈森の主〉と交渉しようとやってくる。
同行する事になったペルカルは仲間と共に旅に出る。

感想

外国の本は時々抽象的だなと思います。私の読み込み方が足りないのか、目的までの過程がよくわからないときが度々あります。
この小説もそんな感じでした。文章のイメージは菅浩江さんに近いかもしれません。

雰囲気は多少暗めなファンタジーです。
ヘジとペルカルの話が平行で進んでいますが、今のところ話が交差することはありません。
単独で進むのか、いずれ交わるのか、そこは気になる所です。

ペルカルの旅で神が幾人か出てきますが、外国の神・精霊は独特な雰囲気があるなと思います。発想が日本と違います。

話自体は微妙によくわからない話でした。何をしたいのかはわかるのですが。ペルカルの方は同行者などが多いため、話の整理に時間がかかりました。

J.グレゴリイ キイズ 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました