茅田砂胡 海賊とウェディング・ベル クラッシュ・ブレイズ

私のおすすめ度 8
中央公論新社 C・novels fantasia 2009年03月

あらすじ

ジャスミンは偶然に出会った少女から、海賊に襲われ人質となっている父親達を助けてほしいと頼まれる。

少女の父親達が所属するクーア本社にるよと、他の船員は解放されていたが、少女の父親たちは解放されず海賊たちの客人として滞在する事になったと伝えられ、それ以上の交渉は打ち切られたとの事だった。

彼らを助け出すため、ケリーと共に海賊が出る宙域へと向かうジャスミンだが、そこで砲撃を受け、彼女は目的の地、ガリアナへ不時着する。

感想

いつもよりおすすめ度を上げたのは、単純に面白かったからです。
リイ達も好きなのですが、どうしてもデルフィニアと比べてしまいます。
その点ジャスミンとケリーはスカーレット・ウィザードの延長線上にあるので、比べる物がない分面白く感じます。
そしておいしいとこを突いたダンが良かった。
砲撃されたジャスミンをかばったのはダンですし、両親を信じたのもダンです。
少女に頼まれ助けに行った先の男達も面白い、ジャスミンが活躍しまくっています。

茅田砂胡 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました