茅田砂胡 追憶のカレン クラッシュ・ブレイズ

私のおすすめ度 7
中央公論新社 C・novels fantasia 2008年11月

あらすじ

シエラがある少女と共に行方不明になった。
その少女は遺体で発見され、シエラは死んだものと思われたが、リイとルウはシエラの捜索を始める。

一方レイブンウッド家に遺失物の依頼を受けていたグレン警部は、そこでシエラによく似た少年を見つける。

感想

今回の見どころは、個人的にジャスミンのスーツ姿だと思います。
私の中では少しマンネリ化してきた感が無きにしも非ずです。「デルフィニア」や「スカーレット・ウィザード」に比べ手に汗握る感がないからでしょうか
それでも読んでしまうのは文章が好きだからなのですが。
どちらかというとミステリー仕立てな感じで、それが苦手だからそう思うのかもしれません。

茅田砂胡 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました