賀東招二 悩んでられない八方塞がり?フルメタル・パニック!

私のおすすめ度 7
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2005年07月

あらすじ

「約束のバーチャル」
宗介やかなめがネットゲームをする。

「影武者のショウビズ」
宗介が自分とそっくりな芸能人と、ある条件と引き換えに入れ替わる。

「対立のフェスティバル」
文化祭でかなめのクラスはコスプレ喫茶の出し物を却下されてしまう。しかし却下した文化祭実行委員長のクラスは仮装喫茶だった。
かなめのクラスはただの喫茶の対抗手段として、さくらとして友達を呼び集めるが、そこに宗介の知り合いもやってくる。

「愛憎のフェスティバル」
文化祭のイベント、ミス陣高。東海林未亜に対抗し、かなめも出場する。

感想

フルメタル・パニック!短編集の8巻目です。
「約束のバーチャル」、あまりこういうネタが好きではないので微妙ですが、宗介もゲームするんだと、妙なところで感心しました。

「影武者のショウビズ」、ベタなネタです。知らないとはいえ、宗介を芸能界に置くなんて、命知らずですね。

「対立のフェスティバル」、何となくオチは分かりましたが、笑えます。
宗介の知り合い達、よく来れたなと、別の意味で感心してしまいます。

「愛憎のフェスティバル」、これも学園物のお約束でしょうか。最後の宗介のちょっとしたセリフに、ニヤニヤと笑ってしまいます。

賀東招二 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました