賀東招二 安心できない七つ道具 フルメタル・パニック!

私のおすすめ度 7
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2003年07月

あらすじ

「穴だらけのコンシール 」
陣代高校に都議会議員が視察に来る。校長やかなめは宗介を学校に近づけまいと奔走する。

「身勝手なブルース」
宗介が小野寺と風間と女子大生との合コンに行く。

「ミイラとりのドランカー」
風邪を引いた生徒会長を見舞いに家を訪ねるが、そこで酒盛りが始まる。

「義理人情のアンダーカバー」
林水が不良グループに潜入させていたスパイが発覚しそうになり、宗介に助けを求める。

「真夜中のレイダース」
用務員の大貫の元で鍋をつつく宗介とかなめと一成。
買出しに行ったかなめが帰ってこないのを心配し、探しに行く一成、さらにそれを探しに行く宗介は、陣代高校のOBを名乗る人物に出会う。

「老兵たちのフーガ」
ボーダ提督にパーティーに誘わたテッサは、無理やり宗介を同行させるが、そこに強盗が入って来た。

感想

フルメタル・パニック!短編集の7巻目です。
「義理人情のアンダーカバー」の生徒会長の悪役ぶりが見事です。

「老兵たちのフーガ」、前から誘われていたパーティーに強制参加させられるテッサは、思い切った行動に出ます。
老兵達のあまりの下品っぷりに少しびっくりです。
宗介のたとえ話に爆笑しました。

賀東招二 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました