茅田砂胡 天使たちの課外活動

私のおすすめ度 6
中央公論新社 C・novels fantasia 2011年07月

あらすじ

十四歳になったリイとシエラは課外活動を始められるようになるが、それぞれの得意分野を考えると何をするか悩んでしまう。

何をするか悩む中、元寮長の団体がリイ達に会いたいとやって来るが、監察委員よりその元寮長の一人アクセルがストーカーの疑いがあると聞かされる。
濡れ衣だと確信するハンスは、何かと縁のあるリイとシエラにアクセルの無実を証明してほしいと頼み込んだ。

ストーカーの疑いがかかったのは、被害者の所へアクセルの端末から隠し撮り写真が送信されていたからだが、その時間はアクセルのアリバイがあり、端末は別の人物も使っていた。
その人物はライジャ・ストーク・サリザンという戒律に厳しい惑星トゥールークの僧侶だった。

感想

新しいメインキャラの登場です。
ケリーやジャスミンとはまた違ったタイプの、それでも印象的な人物です。
ストーリーはまたいつものように事件に巻き込まれて、という感じです。
今回はシエラもリイ並みに活躍していますね。
この巻ではまだリイ達はどんな課外活動をするか決めかねています。
なのでテーマに沿って行動は次の巻以降ですね。

茅田砂胡 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました