茅田砂胡 オディールの騎士 クラッシュ・ブレイズ

私のおすすめ度 7
中央公論新社 C・novels fantasia 2009年11月

あらすじ

保養地でゆっくりと過ごすケリーとジャスミン。
そこのカジノで奇妙なゲームに付き合わされるケリー、その主催者はホテルのオーナーの娘のオディールだった。

それ以降何故か二人を引き裂こうとする者が現れたりと、彼らに災難が降りかかる。
挙句の果てに警察に逮捕されるジャスミン、しかし今度は逆にオディールの婚約発表パーティーに招待される。
やがてケリーの逆鱗に触れたオディールの父からケリーとの仲を取り持って欲しいという言う言葉に、ジャスミンはある惑星が欲しいと申し出る。

感想

今までと比べると、特に事件という事件がなく、大人しい感じでした。
後半は何と言うかケリーとジャスミンにちょっかいを出したがために、たらいまわしにされる話です。
ある意味ケチョンケチョンにされる様は読んでて楽しいですが。
前半のジャスミンに対する物凄い勘違いとかをさらっとスルーしている所は面白かったのですが、後半はちょっとぐだぐだ感が拭えませんでした。

茅田砂胡 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました