神坂一 スレイヤーズ 1

私のおすすめ度 8
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2008年05月

あらすじ

世間ではちょいとばかり名の知れた魔道士リナ=インバース。
暇つぶしに山賊を襲いお宝を手に入れたリナは、剣の腕は並以上、知識は並以下の剣士ガウリイ=ガブリエフに出会う。
その宝の中になにやら重要な物があるらしく、合成獣のゼルガディス達が執拗にそれを狙ってくるが、五大賢者の一人として数えられる赤法師レゾに助けられる。リナはほとんど伝説上の人物であるレゾに不審を抱く。

途中、捕らえられたリナは自分を狙っていたはずのゼルガディスに助けられ、彼よりレゾの目的を聞いたリナは、ガウリイと共にレゾに戦いを挑む。

感想

語るまでもない有名な話です、変に内容紹介を書くと怒られそうです。
スレイヤーズを初めて読んだのは、第一回目のアニメが放送された頃。
その頃は本屋に行けば平積みされており、読まず嫌いをしていましたが、アニメを見るとこれが面白く、読まず嫌いをしていた事を後悔しました。

主人公リナの「あたし」の一人称。女の子の主人公で、「あたし」の語り口調なのに、これがあっさりしていて読みやすい。
そのせいか女性向けではなく、なんとなく男性向けという印象を受けます。
衝撃を受けるほどの何かがあるわけではないのですが、読まずにはいられない勢いがあります。

最近富士見ファンタジアは復刻やリメイクが多く、リンクは新装版ですが、旧版の1巻目が出版されたのは1990年1月25日です。

この頃の富士見ファンタジアは、重厚なファンタジーが多い文庫だと勝手にイメージしていたので、初めて読んだ時はイメージが違いびっくりした記憶があります。

文章自体は今風ではありませんが、今読み返してもまだまだ面白いと感じます。読んだ事がない若い方に是非。

神坂一 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました