片山憲太郎 紅 醜悪祭 下

私のおすすめ度 6
集英社 集英社スーパーダッシュ文庫 2008年04月

あらすじ

何とか「孤人要塞」星噛絶奈の元から逃れた真九郎。
そしてクリスマスイブ、星噛絶奈よりあるイベントへの招待状が届く。
そのイベントとは悪宇商会が主催する殺戮ゲームだった。

感想

薄かったです。本自体が薄い上に、アニメの脚本が収録されているので内容はさらに薄いです。
(下)と書いてありますが、この本では終わっていません。
お姉さんを探す、という依頼の結果はわかるので一応終わっている事になるのでしょうが、柔沢紅香の死の真相は解かれていません。

星噛絶奈との戦闘への序奏といった感じの巻でした。

片山憲太郎 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました