片山憲太郎 電波的な彼女

私のおすすめ度 8
集英社 集英社スーパーダッシュ文庫 2004年09月

あらすじ

同じ学校で同じ学年、しかし全く見も知らない少女から柔沢ジュウは突然忠誠を誓われた。その少女、堕花雨はそれ以来常にジュウにまとわりつくようになる。
そして他にも不良少年の自分に何かとかまってくる同級生紗月美夜と、少し変わった関係が築かれていくが、ある時ジュウは連続殺人事件に関わってしまう。

感想

最初まさか殺人事件に関与していくとは思いませんでした。私は推理物というか、謎解き物苦手なので、しまったなと思ったのですが、面白かった。苦手だと思っていた謎解きが全く苦になりませんでした。
文章はものすごく読みやすく、少々の分厚さなどは全く気になりません。
とにかくすごいのは、、雨の妄想が妄想で終わった事です。途中まで本気でファンタジーに移行するかと思っていました。
題名が男性向きかも知れませんが、内容は女性でも面白いと思います。
人物の個性が強すぎるほどしっかりしているから引き込まれていくのでしょうか。本当に登場人物が皆強烈なキャラクターでした。

片山憲太郎 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました