鏡貴也 大伝説の勇者の伝説 5 悪魔王、降臨

私のおすすめ度 8
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2009年02月

あらすじ

トアレ率いるネルファの民と兵、そしてヴォイス率いる反ローランド連合軍は「蒼の公主」という傭兵団に襲われた。
ローランドの魔法を使う襲撃者と対峙するライナとフェリス、しかしその襲撃者はゾーラだった。

蒼の公主を利用しようと言うヴォイスによりライナは蒼の公主の首領との会談に臨むが、その首領は幼い頃訓練施設で共に学んだピアだと知り驚くライナ。
ライナは彼女の手荒い歓迎を受ける。

感想

だんだんとライナが王へと仕立て上げられています。
そして懐かしい面々。
伝勇伝は何かと以前の登場人物が再登場するので、気を引き締めないと忘れてしまいます。
さすがにピア達を忘れはしませんが。
ヴォイスの本来であろう一面も出てきますね、遠慮なしに残酷です。

鏡貴也 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました