鏡貴也 大伝説の勇者の伝説 1 行く先未定の大逃亡

私のおすすめ度 8
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2007年10月

あらすじ

フェリスによって助けだされたライナは、変わってしまったシオンを助けるため、国を出てシオンの抱えた問題の鍵を探しに行くことを決意する。
一旦別れて準備に取り掛かるライナとフェリス、しかし待ち合わせの場所になかなかフェリスはやってこない。変わりに現れたのは幼馴染のキファだった。

感想

「伝説の勇者の伝説」は読みやすいし面白い。その読みやすと面白さがこの巻まで続いています。
笑いの要素も含んでいるのに、思わず涙ぐんでしまうところもあります。ライナがシオンのために何かしようと、それが延々と語られているんですが、それが今までの出来事を思い出させます。
この巻自体はあまり話が進んでいないので、説明文も短いです。唐突な感じですみません。

鏡貴也 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました