鏡貴也 大伝説の勇者の伝説 2 明日をも知れぬ大合戦

私のおすすめ度 8
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2007年11月

あらすじ

待ち合わせの場所に現れたのは旧友のキファだった。

一方フェリスはフロワードに妹のイリスを人質に取られ瀕死の重症を負っていた。しかし兄のルシルにより助け出され、ライナと何とか合流する。

そしてライナとフェリス、キファはローランドが侵攻している国、ネルファへと向かう。

感想

今回も物語的にはあんまり進んでいません。そのかわり、ライナとフェリスとキファの間に三角関係が形成されます。ルシルの秘密なども少しずつ出てきたりと、最初のシリアスさと三角関係ののほほんとした感じのギャップが面白いです。
キファが今までライナと離れていた分、それを埋めようとがんばっています。
そして、ライナ達の前に立ちふさがるクロムなど、だんだんとシオン対ライナの構図を呈してきます。

鏡貴也 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました