賀東招二 同情できない四面楚歌 フルメタル・パニック!

私のおすすめ度 7
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2000年06月

あらすじ

「磯の香りのクックロビン」
貴重な生物をサザエと勘違いしたかなめが調理してしまう。

「追憶のイノセンント」
生徒会長の過去の話。

「おとなのスニーキング・ミッション」
学校の近くに出来た、ある場所に潜入捜査する。

「エンゲージ、シックス、セブン」
宗介とクルツとマオの出会いの話。

感想

フルメタル・パニック!短編集の4巻目です。
「追憶のイノセンント」、途中でギャグになるのかと手に汗握りながら読んでしまいました。あの会長の少し意外な過去がわかります。
普通の秀才の鼻持ちならない人間だった自分にそれを気づかせてくれた人。そんな人と出会えたから、違う自分になれた。という会長のかなりシリアスな話です。

「エンゲージ、シックス、セブン」はアニメでも少しありましたが、改めて読むと面白いです。組織に胡散臭さを抱いている宗介とクルツは手を抜きながら訓練をしていたが、いざ実戦というときには、というこの展開が好きです。
賀東招二 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました