赤城毅 ノルマルク戦記 6 挽歌の彼方へ

私のおすすめ度 8
集英社 スーパーダッシュ文庫 2006年08月

あらすじ

ユリアスは兄に疎まれ、疲労の中連戦を命じられる。
デミアンは追撃を受け進退窮まるが、捕らえていたユリアスの姉ユーディトを盾にする作戦を拒絶し、正々堂々とユリアスを迎え撃つ。
ついにユリアスとデミアンの戦いが決着を迎えた。

そしてベルモンの戴冠式が執り行われるが、そこにユリアスの姿はなかった。

感想

とうとうデミアンとの決着が付きました。一番の見せ場ですが、一番読みたくなかったところでもあります。親友と戦わねばならない主人公、王道のストーリーですがやはり面白い。
しかしどこでも書かれる話であるからこそ、それをまたか・・・・・・と思わせず読ませる文章力は重要だと思います。
兄ベルモンなど関係ない、ユリアスとデミアンの対決。
非情になりきれなかった親友のデミアン、そんな彼を愛したユーディト。パルティスカとの戦いは終わりを迎えます。
しかしここから本当の最後の戦いが始まります。
赤城毅 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました