上橋菜穂子 狐笛のかなた

私のおすすめ度 6
新潮社 新潮文庫 2006年12月

あらすじ

小夜は人の心が聞こえる〈聞き耳〉の力を持って生まれた。ある日、小夜は犬に追われる子狐を助け、森陰屋敷へと逃げ込む。小夜を助けたのはそこに閉じ込められている小春丸と言う少年だった。
仲良くなる二人を見つめる子狐野火は、隣の国の呪者の久那に送り込まれた霊狐だった。

16才になった小夜は亡くなった母を知る大朗と鈴の兄弟に出会う。その出会いにより小夜は自分の力に目覚めていく。
春名ノ国の跡継ぎ問題に巻き込まれた小夜は、そこで以前出会った霊狐の野火と再会する。野火は助けてくれた小夜を忘れられず、自分の命を構うことなく小夜を助ける事を誓った。

感想

雰囲気は「精霊の守り人」の舞台を日本にし、日本の昔話の中に恋愛要素を取り入れた感じで、守り人シリーズに比べあっさりとした読み応えです。

話的にはありきたりな感じが否めませんが、ありきたりだからこそ、こういう話はたくさん書かれるし、面白いのでしょう。
ただ守り人に比べあっさりな分、引き込まれ感は一歩劣るかなと思います。どちらかというと淡々としています。それがこのような雰囲気の本の良さなのでしょうが、精霊の守り人を知っている分、ちょっと物足りない感じがしてしまいました。

だが、面白くないのかと言えばそうではなく、私は野火より小春丸の方が好きだったので反発しているだけかもしれません。

話はとてもきれいです、野火の硬い性格も良いです。ただ、私の好み的にはもうすこし小夜と野火の恋愛模様を入れていただいたら、もっと野火に好感が持てたのにと残念です。

上橋菜穂子 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました