井上ほのか 都市戦記・妖魔アルディーン 2

私のおすすめ度 8
講談社 談社X文庫ティーンズハート 1991年04月

あらすじ

以前共闘したナイトハンドこと富豪のナサニエル・ゴードンによりネオ・ナリタの工場が再開されたが、賢人教団が崩壊したことによって、新たにネオ・ナリタの旧都市の支配を企む犯罪組織が乗り込んできてしまった。

涼は再びネオ・ナリタに戻ってきたナイトハンドと共に、今の市街には不釣り合いな施設を作ろうとするトマス・ナルダンの身辺を探り始める。

そんな中アルディーンは妖艶な色香を持つ梨花に付け狙われてしまう。

感想

ナイトハンドが保護者と化しています。
梨花に男として狙われるアルディーンを心配して助けに来たり、武器を貸そうとしてくれたり。
そしてアルディーンが行方不明になった時は冷静な判断すら出来なかったりと。

ナイトハンドが毛嫌いしている梨花。未成年相手に色々な手を使うのは問題がありますが、私は好きなキャラです。

とにかく敵は嫌い、アルディーン側は好き。
と、きっぱり別れるので、読後は爽快感があります。

梨花が強烈なせいか真夜子の印象が薄いのが残念ですね。次巻以降さらに薄くなるのですが。

井上ほのか 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました