賀東招二 踊るベリー・メリー・クリスマス フルメタル・パニック!

私のおすすめ度 8
富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2003年03月

あらすじ

陣代高校で、ハイジャックにあった修学旅行の代わりに豪華客船クルーズが計画された。
十二月二十四日、かなめの誕生日だった。
しかし宗介は任務のため参加できない。

船は再びシージャックされた、その犯人はテッサたちミスリル。船の船長達こそが、かなめを狙う「アマルガム」の人間だった。

船を制圧したかに見えたミスリルの前に立ちはだかったのは、等身大のASだった。
圧倒的な力に苦戦するミスリルに、かなめは自分が囮になることを提案する。

感想

フルメタル・パニック!の6巻目です。
かなりニヤリとくる巻です。

マデューカスの艦を指揮する姿も見物ですが、なんと言っても宗介とかなめです。
宗介がかなめに対する独白がたまらない、そしてとうとうテッサの前で自分の感情を認めます。

宗介もアーバレストもだんだんと使いこなせてきています、なんと便利な、と思わない事もないですが。
今はすべてがいい感じになってきていますが、最後の振りがこの先の更なる戦いを暗示しているようで、漠然とした不安に襲われます。

賀東招二 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました