澤田ふじ子 小説一覧

忠臣蔵悲恋記 花暦 海の蛍 遠い蛍 木戸のむこうに
[公事宿事件書留帳]
(1)~(6)/にたり地蔵/恵比寿町火事/悪い棺
嫋々の剣

忠臣蔵悲恋記

おススメ度 7

徳間書 店徳間文庫 1991年12月

「後世の月」
小野寺十内の妻丹。
老齢を迎えた二人だが、浅野内匠頭が吉良上野介に対し刃傷事件が起きる。
離れて暮らすことになる十内と丹、やがて夫の死亡が伝えられ、丹は食を断ち始める。

「しじみ河岸の女」
元赤穂藩御台所方の娘のはつは苦界へ身を堕としていた。
そこで以前下女をしていた平左衛門の嫡男斎宮助と再会する。
はつを苦界より救い出したいと、斎宮助は金策に走る。

「うそつき」
里は自分が大石内蔵助の娘だという母軽の言葉が信じられず、母を毛嫌いしていた。
やがて若旦那彦之丞と深い仲になるが、彦之丞は里に冷たい態度をとる。
彦之丞との仲を周りに嘘を言い続けた里は、母に謝罪を言いながら川へ飛び込む。

「幾代の鼓」
父の再婚相手に冷たくされる多佳は、彼女を見かねた家僕の協力もあり、多佳は父と京で暮らすことになる。
幸せな日々が続く中、稚児小姓の門六と出会う。
やがて親も認める仲となるが、門六に士官の話が持ち上がる。

私は忠臣蔵の話は浅野内匠頭が吉良上野介に切りかかる。大石内蔵助が仇打ちをし、切腹。
くらいしか知識がありませんでした。まともに忠臣蔵関連の本を読んだのがこの本が初めてなのですが、私程度の知識でもこの本が忠臣蔵の本筋の小説ではないからか面白かったです。

「後世の月」、丹の一人称で書かれてあり、とても奇麗な言遣いで書かれてあります。
それが夫を心配する心情が美しく伝わってきて、思わずほろりときてしまいます。
理想の夫婦像の一つだと思いました。

「しじみ河岸の女」は恋愛調です。二人の若さゆえの熱意が、と言う所です。

「うそつき」は、最後のどんでん返しがスカッとします。

「幾代の鼓」は不遇を強いられた少女が父と暮らすことで幸せを手に入れますが、どこかで忠臣蔵と関わるのだと思うと、やりきれない思いで読んでいました。

本当に忠臣蔵の知識がなくても、面白いと思える小説でした。
どちらかというと男女の恋愛物がメインになっています。
忠臣蔵の知識が乏しい私は恋愛物として読みましたが、本当に昔の時代の純粋さ(うそつき以外)に心が洗われました。
澤田ふじ子さんの中では公事宿の次にお勧めしたいです。

▲上へ

花暦 珠玉時代短篇集

おススメ度 6

廣済堂出版 広済堂文庫 1997年09月

寒椿/転生の梅/月の鬘/桜狐/重畳の藤/みどりのつるぎ/蓮見船/定家狂乱/夏花比翼図/野ざらし/菊日和/雪の花が収録されています。

それぞれの話を四季の花を織り交ぜながら書かれてあります。
全体的にハッピーエンド(の一歩手前など)が多めです。相手を好きになっていく時の過程など、もどかしさを感じます。私はハッピーエンドが好きなので海の蛍よりはこちらのほうが好きです。
澤田さんは文章が全体的にやさしく、その中でも時々啖呵を切るシーンがありますが、それさえも作品の上品さに水をさす事はありません。
それが読みやすさの一因ではないかと思います。

▲上へ

海の蛍 伊勢・大和路恋歌

おススメ度 5

廣済堂出版広済堂文庫1998年03月

伊勢の椿/多度の狐/神贄斎王/やぶれ袋/海底の旗/斑鳩の雨/寒夜の酒/菊の門/磯笛の玉/父娘街道/鬼桜/哀しい宿/奈良の団扇/伊勢の聖/霧の中/海の蛍/野宮の恋/炎の遷宮が収録されています。

伊勢・大和路恋歌とあるように、三重県と奈良県が舞台の話です。
時代は飛鳥あたりから江戸とばらばらです。久々に飛鳥時代の話を読みました。
全体的に悲恋が多いです。実際現実ははそんなものだろうとは思いますが、私はハッピーエンドが好きなので少し残念です。
短編で起承転結がはっきりしてるので読みやすいです。

▲上へ

遠い蛍

おススメ度 8

徳間書店 徳間文庫 1998年03月

「雨あがる」
昔、自分たち夫婦のために力を尽くしてくれた老夫婦が、藩より落ち延び、娘を売らねばならぬ状況を目にし、店を構えるための資金をその夫婦のために使う。

「春の坂」
十年近く前に死んだ娘の墓に時折添えられる花。
娘と親しくしてくれただろう人物に一度会いたいと願うが、ある時父親に売られようとする姉妹に出会う。

「あとの桜」
賽銭泥棒をしていた老婆が、昔自分に忠告をしてくれた男の店の襲撃事件を立ち聞きし、その店の主人に自分がしていたことを含めすべて正直に話す。

「夜の蜩」
氷を作る村の娘加代は奉公先の息子に無体な要求をされ、許嫁は村から出奔してしまう。そんな加代のため兄は氷室の近くに火を放つ。

「ひとごろし」
互いに二度目の結婚の夫婦。妻は最初の夫との間に子供がいるが、引き取ることは出来なかった。しかし、その元夫の店が没落し、夫婦はその子供のために影ながら助力する。

「遠い螢」
武士と恋に落ちた奉公人の娘、おふさ。
そのために店で厄介払いされようとする。

「鉄のわらじ」
おきわの弟が借金をし、取り立ての男たちを連れ姉を頼ってきた。
そこに昔の知り合いの杢之助が助けに入る。

「ろくでなし」
夫の道楽のせいで店がつぶれ、貧しい暮らしを送るおけいと幼い娘のお雪。
ある時夫の借金代りに売られようとするが、なんとか逃げのび、ある店で住み込みの仕事を始める。

「雪の鐘」
御柿屋に勤める男は柿を求めある屋敷の木に登るが、その屋敷にいた娘に目を奪われ足を滑らせてしまう。
そしてしばらくその屋敷に厄介になる。

話一つ一つが短いながらも面白かったです。
「あとの桜」、若いころの忠告を年老いてから身に沁み、賽銭泥を告白しても危機を告げる老女。
「ろくでなし」の最後にどうしようもない夫を恫喝する老女など、とても読み応えがあります。
「ひとごろし」は連れの子供なのに、自分の子供と変わらないと妻の子供を心配する夫が最高でした。
他の短編の小説に比べ、それぞれの終わり方がこの小説の方が私は好きです。
人の人情、愛情がしみじみと身にしみます。

▲上へ

木戸のむこうに 伊勢・大和路恋歌

おススメ度 5

幻冬舎 幻冬舎文庫 2000年04月

木戸のむこうに/雁の絵/二人雛/憲法の火/病葉の笛/竹のしずく/戦国地蔵が収録されています。

それぞれの話が料理屋、表具屋など、様々な職を織り交ぜながら物語が書かれています。
なので、それらの説明4割、ストーリー6割といった感じでしょうか。
ハッピーエンドでないのもいくつかありますが、それが重くないのはそうした職の説明に「なるほど」と関心していたからからかもしれません。
他の短編より淡々としている感じがあるので、重い話やや暗い話、長いのはちょっと、と言う方の入り口にいいのではないかと思います。

私はストーリー重視の方が好きなので、少し物足りませんでした。

▲上へ

公事宿事件書留帳1~6

おススメ度 7

幻冬舎 幻冬舎文庫 2000年12月

田村菊太郎は公事宿(訴訟人の専用旅篭。出入物(民事訴訟)の事件などに関わる)の居候だが、生まれは京都東町奉行所同心組頭の長男で、神童と言われていたが、妾の生まれであったため、家督を弟に譲るため放蕩息子を装い一度京を出奔していた。
しかし、両親、弟も菊太郎が放蕩を装った理由もわかっており、今は公事宿の主人源十郎の下で事件を解決していく。

事件といっても、ただ単に解決。というわけでく、人情あふれた結末などとても面白いです。
ただ、すべて京都弁。おそらく、京都市のど真ん中の話し方だと思います。町人の話し方、商人の話し方、武家のしゃべり方、京都弁を文字で見ると、時代物を読みなれていない私には多少読みづらく感じました。ですが、読み進めるとセリフがドラマのように変換され、次第に気にならなくなっていきます。
あまりライトノベルでない時代劇は読まなかったのですが、そんな方にもおススメです。

↓それぞれ「闇の掟」「木戸の椿」「拷問蔵」「奈落の水」「背中の髑髏」「ひとでなし」です。


▲上へ

にたり地蔵 公事宿事件書留帳

おススメ度 7

幻冬舎 幻冬舎文庫 2003年12月

旦那の凶状/にたり地蔵/おばばの茶碗/ふるやのもり/もどれぬ橋/最後の銭 が収録されています。

「ふるやのもり」が一番面白かったでしょうか。主人公の弟の銕蔵も今回はたくさん出てきて嬉しいです。。銕蔵が大好き、と言うわけではなく、主人公の菊太郎とのお互いに互いに少し引け目を感じている、そんな兄弟の会話が好きです。
互いに負い目があり、それを克服しているのですが、立場の違いがあるのでぎこちなくなりそうでならない、微妙な関係です。その微妙さが会話から伝わってきます。

▲上へ

恵比寿町火事 公事宿事件書留帳

おススメ度 7

幻冬舎 幻冬舎文庫 2004年12月

仁吉の仕置/寒山拾得/神隠し/恵比寿町火事/末期の勘定/無類の酒 が収録されています。

この中では「末期の勘定」が一番面白かったです。「仁吉の仕置」もよかったです。今回流し読みをしてしまったので、これだけです。

▲上へ

悪い棺

公事宿事件書留帳

おススメ度 7

幻冬舎 幻冬舎文庫 2005年06月

釣瓶の髪/悪い棺/人喰みの店/黒猫の婆/お婆の御定法/冬の蝶 が収録されています。

この中では「人喰みの店」が一番面白かったです。珍しい菊太郎の姿を見ることができます。

「お婆の御定法」も好きです。スカッとします。

▲上へ

嫋々の剣

おススメ度 4

中央公論新社 中公文庫 2000年12月

「末期の茶碗」
利休の首の前に置かれた茶碗を盗み、売り払おうとする話。

「安兵衛の妻」
自称赤穂浪士の身内と言う妙海尼の孫息子が、惚れた女のため金を無心に来る。

「破鏡の妻」
年の離れた夫婦。妻に離縁を申し入れる夫だが、その胸にはひとつの決意があった。

「嘘じゃとて」
妻と娘に上手く嘘をつかれる。

「真贋の月」
家中に永御暇を出すとの通達が下され、誰がどうなるかという話。

「鳴弦の娘」
永御暇を出され、京で暮らす親子が行き倒れの武士を助ける。

「世外の剣」
素性を知らずに刺客に狙われる幼子を預かった宗伯と、その幼子歌留の話。

「嫋々の剣」
無理やり娘を連れ去ろうとする浅野だが、娘の剣の腕前に・・・・・・

「凶妻の絵」
妻の不義に悩む男が密かに内心の激昂を絵巻物にする。

「不義の御旗」
芸妓に入れ込む丹波屋の主人、奉公人のわずかの米の都合を意地悪く断ってしまう。

短編一つ一つの背景がしっかりと書かれています。
時代物を読みなれていない私には、手ごわい小説でした。
「嫋々の剣」が一番好きですね、女剣士(剣士と言うほどではないのですが)というは、どうにも惹かれるものがあるんですよ。
全体的に家族物が多かったでしょうか。あっさりとした小説が多かったです。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行