綾乃なつき 月影のソムル 2 残夢

私のおすすめ度 6
集英社 コバルト文庫 1995年04月

あらすじ

もうすぐ皆既日食が起こると聞いたヴィラローザだが、魔物が横行するかもしれない中、旅を続ける事を選ぶ。
しかしその途中、ヴィラローザがベルシアで神子姫をしていた頃の知り合いに出会い、付近に出没する魔物が増えたため奉納舞をして欲しいと頼まれる。

結局魔物を退治したヴィラローザは、魔物の賞金を貰うためドレーニへと向かうが、そのドレーニでヴィラローザは自分に剣を教え、憧れの人物だったハーディを見かける。

魔物の賞金を懸けていたアルゴより、勇者シグルトの墓を守る一族から、その墓の場所を聞いて欲しいと頼まれるが、ヴィラローザはきっぱりと断る。

その一族のレダと老婆の元で世話になっていたシルヴィ、彼女達はある印を持つ人物を探していた。

ヴィラローザはアルゴが強硬手段に出たときの用心棒として、実際はどうしても町で見かけた人物がハーディかどうか確かめたく、シルヴィと共にレダたちの元に留まる事にした。

感想

シルヴィが見た目どおりの美少年的な性格ではないのが、だんだん分かってきます。
しかしハーディの美形な事、本当に少女小説に出てくる典型的な美青年です。そしてお決まりの三角関係。
当時は典型的な展開にドキドキしながら読みましたが、今は負けるなシルヴィ!と発破をかけながら読んでしまいます。

綾乃なつき 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました