氷室冴子 小説一覧

[海がきこえる]
海がきこえる/アイがあるから

海がきこえる

おススメ度 7

徳間書店 徳間文庫 1999年06月

高知で高校生活を送っていた杜崎拓。彼の学校に東京からの転校生武藤里伽子がやってくる。言葉も違い、学校になじもうとしない武藤は浮いていた。

そんな武藤に、修学旅行先のハワイで杜崎は借金を申し込まれる。
お金を落としてしまった武藤に、バイトで稼いだ金を杜崎は貸すが、実は武藤はそのお金を別の事に使うつもりだった。

ある時、武藤と仲の良い小浜祐美から切羽詰まった電話かがかかって来る。
大阪のコンサートに武藤と一緒に行く予定がだったのだが、空港で待ち合わせたら武藤は東京に行くつもりだと言いだしたという。
困った小浜がお金を貸した杜崎を頼ってきたのだ。
仕方なく杜崎は武藤に付き合い、一緒に東京へ行く事にする。
しかし武藤に振り回されたあげく、武藤に好意を寄せいてた親友の松野とも溝ができてしまう。

アニメを見て、予想以上に面白かったので友達に借りて読んでみました。
氷室さんだったんですね。すっかり忘れていました。他の作品は何作か読んだのですが、あまり現代物のイメージがなかったので。

アニメと決定的に違うのはアニメ版での最後のシーンに原作にはない一言があるからです。
それがあるので、アニメの方が若干ロマンティックになっていると思いました。
好き嫌いが分かれそうな所ですが、私はアニメの方が好きでした。
しかしその一言がない方が氷室さんらしいとも思います。
あっさりとしていて読みやすいです。

小説の方は後半近くまで大学生の杜崎が高校の頃を思い出すという形がで書かれています。

▲上へ

アイがあるから 海がきこえる(2)

おススメ度 7

徳間書店 徳間文庫 1999年06月

東京の大学に進学した杜崎拓。
初めての帰省で松野と武藤のわだかまりも解けたのだが、東京に戻ってきた杜崎の部屋では同じ大学の津村知沙が寝ていた。
何とか問題を起こさず津村の知り合いである田坂に託す事ができたが、今度は武藤から食事に誘われる。
その食事は武藤の父の再婚相手との会食だった。未だに再婚相手の美香とのわだかまりが解けない武藤に杜崎は振り回される。

しかもそこで武藤は津村と出会い、その場をひっかきまわしてしまう。

中々それから武藤と会うタイミングがなかったが、深夜に突然武藤から電話がかかって来る。美香が倒れて病院に運ばれたのだとういう。

友達に借りる時、バブルを思いっきり反映してて里伽子が嫌な女、と言っていました。
一巻目の終わりの方でも若干バブル色がありますが、前半部分の高校生活が青春ドラマ的だったので気になりませんでした。この二巻目はガッツリバブル色があって、その時代をイメージでしか持っていない私としては、里伽子がめんどくさい女に思えます。
おそらくバブル時代後に生まれた方にとっては、より一層そう思うのではないでしょうか?
出てくる女性がほぼ強い女性、というかバブルっぽいです。主人公がそれに散々振り回されるので、よく耐えるなと感心してしまいます。
ストーリーとしては結構ドロドロとした感じですが、不思議とあっさりした印象です。
バブル色が強いと書きましたが、それよりも青春色が強いからかもしれません。
しかしどうしても里伽子には共感できません、今の時代にはいない女性ですね。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行