エレン・カシュナー 吟遊詩人トーマス

私のおすすめ度 5
早川書房 ハヤカワ文庫 1992年07月

あらすじ

吟遊詩人のトーマスはある時エルフランドの美しい女王に見初められ、人の世界を離れエルフランドで数年の時を過ごした。
愛人として仕えた女王の元を去る際、“嘘をつけぬ舌”を与えられたトーマスが人の世界に戻ってみると、その世界は7年の時が過ぎていた。
トーマス自身は姿を消した時の若い姿のままであったので、周りの変容に戸惑いを隠せないが、かつての恋人エルスペスと結ばれ、“嘘をつけぬ舌”に苦悩しながらも再び人の世界に溶け込み始める。

感想

読み始めた当初、先にこの方の別の小説を読んだこともあり、ずいぶんと雰囲気が違うその世界に入り込めませんでした。
始まりはとある村の男の一人称で、トーマスという人物が今一つ掴めない人間味のない印象を受けるのですが、次の章でトーマスの一人称に変わると一転人間味が押し寄せてきます。
そしてエルフランドの世界を去り、先ほどの男の妻の一人称になるのですが、ここからは更に俗っぽくなります。
そして最後はトーマスの妻、エルスペスの一人称となります。
ここまで来るとなるほど!と。
始まりの部分はいまいち掴み所がなかったのですが、各々の視点を通して見ればそれぞれの人物の主観が前面に来ていたので掴み所がなかったのかと納得。
それぞれの章(といってもトーマスの一人称は除きますが)では、一人称者が見たトーマスやその他の登場人物の印象であり、章が移り他の一人称者に移ると実際の性格などはやはり違います。
最後になるにつれ、トーマスに近しい人間の一人称になるので、俗っぽくなったのだと思いました。
この辺りは解説にも書いてありますね。私も同意しながら読んでました。

と、最後になると面白かったのですが、小説としては剣の輪舞の世界観の方が私は好きです。
ですが、ファンタジーらしさとしては吟遊詩人トーマスの方がぴったりだと思います。

エレン・カシュナー 小説一覧へ

作者一覧へ

タイトルとURLをコピーしました