ロバート・ジョーダン|小説の海

ロバート・ジョーダン

[竜王伝説]
(1) (2)

竜王伝説(1) 妖獣あらわる!

おススメ度 6

早川書房 ハヤカワ文庫 1997年11月

平和な村の農夫ランド・アル=ソア、同じく農夫のマット・コーソン、鍛冶屋見習いのペリン・エイバラは村で黒衣の人物を目撃した。不審に思うがエモンズ・フィールドの村は春祭の準備で沸き立っていた。

その夜、村はトロロークに襲われた。村はずれに住むアル=ソアは重症を追った父を連れ村へとたどり着くが、異能者モイレインに村が襲われたのはアル=ソア、マット、ペリンがいたからだと告げられる。

村を守るため三人の若者と、モイレインとその護衛士ラン、そして村の娘エグウェーン・アル=メアラと吟詩人のトム・メリリンは共に旅立った。

長い長い話の始まりです。長いせいか、話の進み具合も遅いです。主人公が旅立つところまでなんて、RPGだと10分くらいで終わる所です。

まだまだ序盤という感じがするので、これからに期待。と言う内容でした。
文章自体は読みやすいです、巻末に用語の説明が載ってあるので親切ですが、読み終わるまで見ることはありませんでした。

時の車輪と言う響きが個人的に好きです。

竜王伝説(2) 魔の城塞都市

おススメ度 6

早川書房 ハヤカワ文庫 1997年11月

エモンズ・フィールドを旅立ったアル=ソア達。そこに賢女ナイニーヴが追いつく。アル=ソアたちを連れ戻そうとするナイニーヴだが、闇王は追撃の手を緩めない。

そしてとうとうトロロークに追われるうち、アル=ソアはエグウェーン達とはぐれてしまう。

まだ序盤です。序盤なのでなかなか波に乗れません。
雰囲気は決して嫌いではないのですが、なかなか読み進められません。きっと一気に読むべきなのでしょう。
まだまだ少年の主人公達にモイレインとランは苦労と心配のしどうしです。

ただ、多少確信にほんの少し近づいた感はあります。これから面白くなるのでしょうが、今の段階ではまだ何ともという感じです。

好きな作家(敬称略)
 赤城毅
 荻野目悠樹
 高瀬彼方
 田中芳樹
 津守時雄
 デイビット・ファインタック
 藤川桂介
  他色々

©2018 kishi 

ページトップへ