ジーン・M.アウル 小説一覧

[大地の子エイラ]
(上) (中) (下)
[恋をするエイラ]
(上) (中) (下)
[狩をするエイラ]
(上) (中) (下)
[平原の旅]
(上) (中) (下)
[故郷の岩屋]
(上)(中)(下)

大地の子エイラ(上) 始原への旅だち第1部

おススメ度 8

評論社 評論社文庫 1988年06月

大地震により両親を失ったエイラは、同じく大地震に遭い住んでいた洞穴を失ったため新しい洞穴を探していた、外見的に異なる旧人類に拾われた。
まじない女のイザに手厚く保護されるが、ブルンをリーダーとする一族はすんなりとは受け入れてはくれない。
そんな時エイラは新しい洞穴を発見する。
エイラには強い霊がいると確信する大モグウル、クレブの助言もあり、ブルンたちはエイラを一族に向かえ、クレブはエイラのトーテムに洞穴ライオンを示した。

更に今までつれあいを持った事のなかったクレブが、身重のイザとエイラを引き取り育てる事となる。

伝達手段が異なる種族のエイラは、身振りが多いイザたちの言葉を必死で覚えるが、まず覚えるべき事は行儀作法であった。
エイラの出現によって、自分への注目度が減っていると感じたブルンの息子ブラウドは、何かにつけエイラをいじめるが、男が女に命令するのは当たり前であり、それを中々エイラには理解できなかった。やがて成長と共に礼儀を身に付けていくが、ブラウドだけには反抗的な態度をとってしまう。

そしてイザに娘ユバが生まれた。

ある時、イザは怪我をした動物を治したいと洞穴へ連れてきたエイラに、薬師の才能を見いだす。
共に若くない自分とクレブのことを考え、イザは少しずつ薬草の知識などをエイラへと伝え始めた。

エイラはイザの手伝いとして、薬草を探しに行く途中、男達が石投げの練習をしているところを目撃する。
女は狩りに出ることも許されず、武器にも触る事が許されなかったが、エイラは一人石投げの練習を始めた。

時代は紀元前約三万年、主人公はクロマニヨンの子で、イザたちはネアンデルタール。
と言われても小中学校(高校では歴史の授業がそんなになかったので)の知識しかない私には外見が違う、くらいにしか想像できません。
ですが、読むにはその程度の知識で十分、エイラの方が新しい人類だということがわかれば大丈夫です。
とりあえず原始時代に抵抗がない、と言うことが読む前の条件でしょう。
面白いのならどんな時代でもOKなら、十分面白いと思います。

5歳の少女エイラは旧人類に拾われますが、その中では醜い顔と、洞穴ライオンという強いトーテムを持ち、男より強いトーテムを持つエイラはつれあいも持てないだろうとされています。

霊を信仰する宗教的、まじない的な要素が氏族の主軸にあり、それを取り仕切る役のクレブと、母娘へと引き継がれていくまじない女のイザは氏族の中でも一目おかれている存在であり、エイラはその庇護の下暮らしていきます。
その信仰観が、少しファンタジーを連想させました。

そして結婚(つれあい)概念、男尊女卑、エイラにはそれが当たり前だという下地がないので戸惑います。
その概念はイザたちの脳に代々引き継がれており、一から覚えるエイラはとても苦労します。
そもそも発声器官が違うので、発音すら違います。
私には新人類と旧人類の細かい差は分かりませんが、人種的な差、その時代の生活、そして治療法、そして狩り、それらがみっちりと書き込まれています。

かなり難しい小説と誤解されるかもしれませんが、非常に読みすく、分厚くても一気に読める小説です。

このあらすじと感想は旧版の「大地の子エイラ」を元に書いています。真相版はリンクの「ケーブ・ベア」の一族になります。こちらでは若干名前などに違いがあるので、上記の名前とは違う場合があります。第三部の「狩りをするエイラ」までは、旧版を呼んでの感想になります。区別するため、題名・出版社・出版年月日などリンク先と異なっております。

▲上へ

大地の子エイラ(中) 始原への旅だち第1部

おススメ度 8

評論社 評論社文庫 1988年06月

石投げに興味を持ったエイラは石投げの名手、ゾウグに近づき、その技をこっそりと会得していく。
そして女には禁じられている狩をしようと決意する。その時奇妙な貝の形をした石を発見するが、それを洞穴ライオンのしるしだと受け取り、ブラウドのことも試練だと、命令にも従順になる。

体型が違うため、泳ぐ事が出来るエイラは、漁に出かけた先で、溺れたオナを助ける事が出来た。
泳ぐ事が出来ないブルン達には、溺れたら生きて帰ることはほとんど不可能だった。
それがきっかけでオナの母親アガや道具作りの名人ドルーグと親しくなり、少しずつ一族に溶け込んでいく。

まじない女としても成長しつつあったエイラは、マンモス狩りへの同行が許された。
しかしそこでブラウドの息子ブラクがハイエナに攫われかけ、とっさにエイラは石投げを使ってしまう。
女には触ることも許されない武器、女が武器に触ることは死を意味していた。
リーダーのブルンはエイラを一ヶ月の死の呪いを受ける事とした。

何とか一人で一ヶ月を生き残ったエイラは、狩をする女として条件付で狩りをする事を認められた。

10歳になったエイラはブラウドに反抗する事もなくなっていたが、それが面白くないブラウドはエイラにつれあいの行為を求めた。

寿命が短い分、成長も早いです。クレブも30過ぎで老人扱いです。
氏族は二十数人規模の集団なのですが、子供を表す時も男の連れ合いの子、のような感じで、結婚概念がまるっきり違います。
そのあたりは人間より多少動物に近い感じがしました。
そして女は触れてもいけない武器を使ったエイラ。その技はゾウグを凌ぐ程で、連続で命中させる事も出来るほどでした。
それは体の構造の違いだからですね、泳ぐ事もそうですが、10歳になったエイラは背も高く、自分と周りの違いを自覚していきます。

そして子供が出来るという概念もまた違う。
男の霊が女の霊に勝ったときに宿ると考えられています。しかしやがてエイラはそれに疑問を持ち始めます。

旧版では(上)(中)(下)でしたが、新装版は(上)(下)になっております。

▲上へ

大地の子エイラ(下) 始原への旅だち第1部

おススメ度 8

評論社 評論社文庫 1988年06月

難産の末、息子を産んだエイラ。しかしその子は身体的には問題はなくとも、全体的な形が異様に思われた。
リーダーのブルンは激怒させる事もあったが、クレブの意見もあり、その子はデュルクと命名され、一族へ受け入れられた。

ハーフゆえに、見た目は変わっていても何も障害のないデュルクは、順調に成長していく。
そして体の弱ってきたイザの代わりに、まじない女としてエイラは七年に一度の氏族会へと向かった。
何とかイザの代わりを務め、そしてデュルクにそっくりな女の赤ちゃんとも出会え、デュルクのつれあいの心配も消え洞穴へと戻るエイラだが、そこには弱り果てたイザが待っていた。
手当ての甲斐もなく、ブラウドがリーダーになったらここを去る方がいいと遺言し、イザは永遠の眠りについた。

イザよりも高齢のクレブやブルンも老いを感じ始め、自分の地位を退く決意を固める。
そしてとうとうブラウドがリーダーになった時、エイラへの復讐のため、その権力を振るった。
ブラウドにリーダーを譲ったのは間違いだったと、ブルンが気づくも遅く、再び洞窟を地震が襲った。
一人洞窟の奥にいたクレブは亡くなり、すべてをエイラのせいにしたブラウドは再びエイラに死の呪いをかけ、一族から追い出した。

第一部完結です。
ここまでノンストップで読めました。まじない女として、やっと一族に馴染んできたのに、待っていたのはリーダーとなったブラウドの復讐でした。

そんなプラウドに対し、ブルンは息子の見る目のなさを除けば理想的なリーダーとも言えるかもしれません。
一族の事を一番に考え、ある程度柔軟な考えも見せ、決して独りよがりな判断を下さない。
そんなブルンが引退し、激情のまま件力を振るったプラウド。エイラが一族を離れてからはこのプラウド達は少なくとも第四部までは登場しないので、とても気になります。

ハーフと言う概念がない一族で、両方の特徴を備えたデュルク、同じ姿のユラと言う赤ん坊の母親から、この子達はエイラのような姿の人間と、イザたちのような姿の人間のハーフだと教えられます。その結果、父親がブラウドだとも気づきますが、どうにも父親と思える相手が一人でも、まだ子供が授かったのは男のトーテムに自分のトーテムが負けたからという考えからは抜け出せません。
おそらくそんな部分も想像の所が大きいのではないかと思いますが、あまりにも物語がしっかりと書かれているので、この時代は本当にエイラ達の様な考えを持っていたのではないかと思わせられます。

▲上へ

恋をするエイラ (上) 始原への旅だち第2部

おススメ度 8

評論社 1985年03月

氏族を追い出されたエイラは、自分と同じ人間を求め北へと向かった。その途中、洞穴ライオンが住んでいた洞穴を見つけたエイラはそこを住居とし、生活を始めた。
一人で狩をする中、エイラは仔馬をヒンニーと名づけ育て始める。その仔馬の母親はエイラが狩りで仕留めていた。
成長したヒンニーに乗りながら狩りをするエイラは、更にライオンの仔を見つけ、洞穴へと連れ帰る。

母なる大河の果てを見たいというソノーランと共に旅に出た兄のジョンダラー。
途中で負傷したソノーラン、そこにシャラムドイ族が現れ、彼らの元へ身を寄せることになった。

元々生活力のあったエイラですが、一人で暮らすことによって更にその力に磨きをかけていきます。
そして気になる題名と共に登場する、ジョンダラーとソノーランの兄弟。
何時出会うのだろうと、ドキドキしながら読んだのですが、まだ話は交わりません。
兄弟は母なる大河の果てを見に旅をし、その先で様々な種族と出会います。
ネアンデルタール人からクロマニョン人にメインが移ったためか、第1部よりは言葉の表現が豊かになったように思いました。
イザたちとの会話も言葉でしたが、語尾が違います。訳とか色々な原因もあるのでしょうが。
今回はクロマニョン人の生活などが書かれていますが、ネアンデルタール人時の時程詳しくないのは、エイラがそこにいないからでしょう。
それでもやはり人種の違いと言うのは明確です。クロマニョン人はまだ私達の考えに近いところが多いです。
しかしクロマニョン人のネアンデルタール人への偏見は逆に比べ、かなり激しいように思えました。

▲上へ

恋をするエイラ(中) 始原への旅だち第2部

おススメ度 8

評論社 1985年03月

傷も癒えたソノーランは、自分の手当てを甲斐甲斐しくしてくれたジェタミオに惹かれ、シャラムドイ族の元に留まり、彼女と結婚する決意をする。
故郷に帰って世帯を持った方がいいという弟の言葉にもかかわらず、ジョンダラーは共にシャラムドイ族に留まる。
内に激しい愛を持つジョンダラーは弟を置いてはいけなかった。
やがてジェタミオもソノーランの子を身ごもり、ジョンダラーもセレニオと暮らし始めるが、ジェタミオは難産の末、命を失ってしまう。
絶望の中ソノーランは再び旅に出ることを決意した。

エイラはヒンニーとライオンの仔、ベビーと共に新しい生活を始めていた。
しかし成長していくヒンニー達はエイラと時に別れ、つれあいを見つける。
ある時ヒンニーと草原に出ている時、人間の悲鳴を聞く。
ベビーを制止すると、そこに二人の男が倒れていた。

ジョンダラー、彼は激しく女性にもてます。しかし女性を本当の意味で愛した事はありません。唯一の相手は弟です。とても大切にしている事が分かります。
文中でも書かれてましたが、ジョンダラーは人を激しく愛するので、受け止めて流せるのが弟だけでした。
なのでセレニオと世帯を持つ気にはなるのですが、上手くいきません。

そしてネアンデルタール人である平頭、ジョンダラーは彼らに一度助けられます。言葉を使う事が少なく、見た目も違う平頭を、彼らは知能もない、ただ二本足で歩く獣だという認識を持っています。
ジョンダラーは火を起こし道具を使う彼らに驚きを覚えます。

そして最後にエイラは瀕死の兄弟を見つけます。

旧版では(上)(中)(下)でしたが、新装版は(上)(下)になっております。

▲上へ

恋をするエイラ(下) 始原への旅だち第2部

おススメ度 8

評論社 1985年03月

ソノーランはすでに死亡していたが、ジョンダラーはまだ息があり、エイラは彼を洞穴に運び傷の手当を行った。

目を覚ましたジョンダラーの目に、エイラは美しく魅力的な女性に映るが、しかし、すぐに言葉が通じない事に気がづく。
ジョンダラーと会話をしたいエイラは、必死で彼の言葉を覚えはじめる。

ある時エイラはまだ言葉で会話をしていた幼い頃の夢を見る。目が覚めた時、彼女は言葉を取り戻していた。
言葉を取り戻した事で、エイラが平頭の中で育ち、平頭との間に子供もいると知ったジョンダラーは、エイラに嫌悪の目を向けてしまう。
しかしジョンダラーは激しく後悔する。そしてエイラへの思いは一層増していった。
互いの技術を教え合い、自身の傷も癒え、旅立ちの準備を始めるジョンダラー。

しかし互いの思いを確かめ合った、ジョンダラーは二人で故郷へ旅立つ事を決意する。

互いの習慣の違いから、互いに相手を思っていても二人の思いは激しく空回りします。
平頭に助けられた経験を持つとはいえ、激しい偏見のあるジョンダラー。
エイラはイザやクレブ達を獣と言うジョンダラーに反発しますが、ジョンダラーも少しずつ平頭に理解を示していきます。

恋をする経験のなかったエイラ、彼女に初めての恋の幸せが訪れます。
一度は別れを決意していた二人ですが、共に故郷へとも向かう事を決意します。
しかしエイラが言葉を取り戻すきっかけが、そんなに簡単なものだろうかと思ってしまいました。それまでが全て経験、努力に基づくものであっただけに、少し違和感を覚えました。

▲上へ

狩をするエイラ (上) 始原への旅だち第3部

おススメ度 8

評論社 1987年07月

ジョンダラーと共に谷を出たエイラはマムトイ族に身を寄せる。
始めての自分と同じ種族との生活、そして自分が平頭の元で育ったと知れても彼らはエイラを拒むことはなかった。
更にその一族にはデュルグと同じような相の子ライダグがいた。
エイラは自分の力を惜しみなく出し、マムトイ族と打ち解けていく。

ネアンデルタール人の中で育ったエイラ、クロマニョン人の中で暮らしていけるのだろうかと心配しましたが、とりあえは受け入れられ安心しました。
しかしエイラが解け込めば解け込むほどジョンダラーはエイラの周りの男に嫉妬します。
そしてエイラはそれが分からず困惑し、少しすれ違いが起こります。
第二部まではあまり恋愛面の話はなかったので面白かったです。
題の通り、氏族で女は禁止されてた狩りもマムトイ族の中では自由です、エイラの槍投げ器や石投げの技術は彼らにも一目置かれます。
第一部では、読む分には不遇に感じられたエイラが受け入れられる様子は読み応えがありました。

▲上へ

狩をするエイラ(中) 始原への旅だち第3部

おススメ度 8

評論社 1987年07月

マムトイ族にエイラを迎えるという話が出るが、エイラを快く思わないフレベクが反対する。
しかしエイラの持つ技術を目にし、フレベクも彼女をマムトイ族に迎えることを承諾した。

マムトイ族に溶け込んでいくエイラだが、美しいエイラにマムトイ族のラネクが好意を示す。
その優しさに惹かれていくエイラだが、ジョンダラーはその様子にやきもきしながらもエイラの意思を尊重し、それほど二人の仲に割って入ることもなかった。
そしてエイラは氏族で育てられたが為、ラネクと寝所を共にしてしまう。
やがてエイラとジョンダラーは少しずつすれ違いを見せ始めた。

最初エイラがなんとかマムトイ族に受け入れてもらえたことを喜びながら読んでいました。
たとえフレベクが反対しようとも、エイラには彼らにない技術がありましたし、受け入れられるとも思っていました。

けれど受け入れられたがゆえに、元々エイラに興味を持っていたラネクが本格的にエイラを求め始めます。
そして一人身を引こうとするジョンダラー、彼が故郷へ帰る日も近づいていますが、なんだかんだと引き留められ、ずるずるとマムトイ族に残ってしまいます。エイラもジョンダラーもすれ違いはお互いの誤解のせいなのですが、それに気づきません。そのあたりが少し昼ドラみたいでした。

▲上へ

狩をするエイラ(下) 始原への旅だち第3部

おススメ度 8

評論社 1987年07月

ラネクに嫉妬し、エイラを無理やり自分の物にしてしまったと後悔するジョンダラー。
その事がさらにエイラとの距離を置くことになってしまい、ジョンダラーは自分を愛していないのではないかと思うエイラはラネクと炉辺を共にする約束を交わす。

そして夏の集会がやってくる。
結局まだ旅立つことができないジョンダラーもマムトイ族とともに集会へと向かう。
集会でもエイラの技術は目を引き、エイラに惹かれる者も多くいたが、ある時マンモス狩りに来ていたエイラは火山の噴火を目にする。そしてライダグと共にいたはずのウルフがエイラの元へやってきた。
いやな予感を覚えたエイラはライダグの元へ向かうが、ライダグはその短い生涯を閉じてしまう。
やがてジョンダラーもエイラを一人残しマムトイ族を後にした。

エイラが周りに認められていく、それはとても読んでいて気持ちの良いものでした。
しかしエイラはただジョンダラーに自分を愛してほしい、最後にそう気付きます。
最後までこのすれ違いは続き、どうなるのかとドキドキしながら読みました。
決してラネクも嫌な人ではないのですが。

マムトイ族で多くの経験をしたエイラですが、再び新しい旅が待っています。

▲上へ

平原の旅(上) 始原への旅だち第4部

おススメ度 7

集英社 2005年06月

マムトイ族のエイラとならず、ジョンダラーと共に旅を続ける決意をしたエイラ。
単調な旅を続ける二人だが、やがて母なる大河の果てへとたどり着く。
そして二人はジョンダラーとソノーランが共に身を寄せたシャラムドイ族のキャンプへと招かれる。

いつもよりお勧め度が低いのは、今までと違って話の起伏に乏しいという印象を受けたからです。
もちろんエイラとジョンダラー達の旅は単純なものではありませんが、今までの話を読んでいると、どうにも今一つ山場に欠ける感じが否めません。
しかし「中」「下」と読み進むにつれ、再び引き込まれていきます。
この「上」は次巻への繋ぎだと思い、読む方がいいかも知れません。

旧作は評論社版から「大陸をかけるエイラ」として出版されています。

▲上へ

平原の旅(中) 始原への旅だち第4部

おススメ度 8

集英社 2005年07月

シャラムドイ族と分かれたエイラ達は再び旅を始めたが、今度は以前にジョンダラーが出会ったハドュマ族と遭遇する。
彼らのキャンプへと招待されるエイラ達だが、氷が溶けだす前に氷河を渡りたいと話すジョンダラー達に、ハドュマ族は北へ行かないように忠告する。

注意深く旅を続けるエイラ達だったが、ジョンダラーが何者かに攫われてしまった。
ジョンダラーが目を覚ますと、そこはアッタロアという女性がリーダーを務めるサルムナイ族のキャンプだった。

「上」と違い、いつもの面白さが戻ってきました。
特にジョンダラーがつかまってからは怒涛の如き勢いです。

以前夫に虐げられ反撃に出たアッタロアは女ながらリーダーとなり、男達はみな隔離され、女性だけの部族を作っています。
これが面白い。
抵抗する気力を失った男達の中で、一人ジョンダラーは抵抗手段を模索します。
そしてエイラも必死でジョンダラーを捜します。

旧作は評論社版から「大陸をかけるエイラ」として出版されています。

▲上へ

平原の旅(下) 始原への旅だち第4部

おススメ度 8

集英社 2005年08月

アッタロアに殺されそうになったエイラを助けたウルフじゃアッタロアをかみ殺す。
リーダーの死でサルムナイ族は男達と共に再生の道を歩み始めた。

何度目かの旅の再開を始めるエイラとジョンダラー。
今度はロサドゥナイ族のラドゥニと再会するが、そこでいくつかの部族が集まったならず者の集団の話を聞く。
やがてエイラ達は氏族を襲うならず者達と遭遇する。

前回でどうなるのだろうと気になったアッタロアとの決着。やはり女だけの集団では歪みが来ます。
更に久々の氏族の登場。ジョンダラーも含め、懐かしい氏族の会話が展開されます。

そして若干「中」からエイラの性格が変わってきたようにも思えます。
人間らしい感情を理解してきた感じがします。
そしてついに氷河を渡りきり、長かった旅があと少しで終わりを迎えます。

旧作は評論社版から「大陸をかけるエイラ」として出版されています。

▲上へ

故郷の岩屋(上)~(下) エイラ 地上の旅人

おススメ度 8

集英社 2005年12月10日~2006年02月

途中で亡くなった弟と旅に出て四年、ジョンダラーはエイラと共に懐かしい故郷へと戻ってきた。
ジョンダラーの家族達には温かく迎えられるエイラだが、氏族に育てられ、それを誇りに思っているエイラに対し反発を招かれることもあった。

しかしエイラの薬師としての腕はゼラントニーの中でも受け入れられ、やがてジョンダラーと正式な夫婦と認められる。
そしてエイラとジョンダラーの子供が生まれる日が近づく。

この巻から初めて新装版で読んだので、とにかく名前に戸惑いました。
文庫で読んでいた時とシリーズ名も違いますし、人名、他にもこまごまとした所が違います。
で旧シリーズではこの巻が刊行されていないので、混乱をしたくない方にはこちらの方の訳で初めから読まれる事をお勧めします。
しかし私は今までのシリーズの方に慣れていますし、シリーズ名も今までの方が好きです。
でもこれはあくまで好みの問題ですけどね。

今回は最初の話以来、三巻分どっしりと一つの所に留まります。
嫌がらせを受けたり反発を受けたりと色々ありますが、エイラの強さは変わらずです。
腰を落ち着けて、より人間に近いクロマニョン人の中にいるからか、ちょっと現代チックな感じもしますね。
やっと幸せへの道を辿り始めたエイラ、続きが楽しみです。

 

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行