上杉光 小説一覧

[ネオ・マイス]
(1) (2) (3) (4)

ネオ・マイス(1) 六家再臨

おススメ度 9

角川文庫 角川スニーカー文庫 1993年06月

特殊な能力を持つ一族、空知、光華、月影、地維、火車の六家。
他人とは違うと理解しながらも、まったく普通の生活を送っていた空知文也は何者かに狙われ始める。
そんな時、六家を束ねる光華家の当主橙子より、地維家の当主かなえが、その特殊な力を用いて政治経済の中枢へ入り込み、政治の腐敗を正し政治の乱れを改善しようとしていると聞かされる。
まったく自分の家系について無関心だった空知家と、同じく呼び出された月影家当主四郎は、消極的ながらもかなえを阻止しようとする橙子に協力する。

地維家の係累である久地、宮地、城地の三門。その三門のうちの1つ、城地家当主、城地千太郎は崇拝しているかなえのため、独断で空知家を説得に来ていた。が、達筆すぎる矢文のため読むことのできなかった空知兄弟はすっぽかしてしまう。
改めて話し合いの場を設けたが、千太郎と橙子が口げんかを始めてしまい、千太郎は土鬼を呼び出した。

と、あらすじだけを書くと超能力合戦の小説かと思われそうですが、確かに超能力戦もありますが、面白いのは通常、日常の会話です。これが上手い。
ストーリー自体はゆっくり進むので、あらすじを上手く紹介できないのが残念です。話自体も面白いです。
そして人を表す時にさりげなく入っている一言にツボをつかれます。
この上手さは津守時生さんの喪神の碑を彷彿とさせます。
空知兄弟の微妙な会話や地維のセリフ。まったく予想もしていなかった展開、それがセリフの上手さとツボをつく文章で相乗効果を上げています。
大声でおススメしたいのですが、今は書店で手に入れるのは難しいのではないかと思います。

 

▲上へ

ネオ・マイス(2) 流光断つ

おススメ度 9

角川文庫 角川スニーカー文庫 1993年10月

月影の店に、月影と司が袖にされた女性が訪れた。彼女に修理を頼まれたペンダントの石、それは文也がつけている、母の形見と同じ石だった。

また地維家の使い魔に操られた人間に襲われた文也。橙子は文也と共にかなえの家を偵察に向かうことを決意する。

しかしホテルで一泳ぎした後、文也は高熱を出し寝込んでしまう。
心配する橙子だが、司はいつもの事だから放っておくしかないという言葉通り、翌朝にはすっかり回復する。

改めて地維家へ向かう二人だが、再び文也にランドクルーザーの男が襲いかかってきた。
地維家に逃げ込んだ文也だが、かなえに衝撃波をくらい池に落ち、再び熱を出し寝込んでしまった。

いつもと違う熱の出し方に、さすがに心配した司が月影と共に幻界の通路で文也を迎えに行くが、なす術のない司に、月影は空知家の守り手、あのペンダントを持っていた天宮薫に連絡を取った。

笑えます。内容紹介だけを読めば笑う要素はないと思われますが、話だけでは神秘的なイメージだったかなえが、世間とずれた感覚の持ち主には違いないのですが、そこまでずれていない、という性格が笑えます。
自分の力のせいで、平安時代からの自宅の庭を衝撃破でふっ飛ばしてしまうのですが、その惨状にさすがに辟易するあたり、読んでて声を出して笑ってしまいます。
結局まともな人物は天宮薫くらいかもしれません。
司の文也を心配しているのかどうかわからない微妙な一言にも、真剣な場面なのに笑いを誘われます。

そして城地千太郎や大輔、久地慶忠の面々も憎めないキャラです。

少しずつ空知家の核心に迫りつつあります。

 

▲上へ

ネオ・マイス(3) 風の閃影

おススメ度 9

角川文庫 角川スニーカー文庫 1994年02月

橙子、文也、司はランドクルーザーの男の住居に侵入していた。
家捜しの結果、その男の名は久地青冬と判明したが、その途中に家に戻ってきた青冬に襲われる文也達。
青冬を止めようとしたのは、青冬の父久地慶忠だった。しかし逆に青冬に切り付けられてしまい、青冬は逃亡する。

青冬は昔ある事件を起こし、死んだ事になっていたが、父慶忠に庇われ密かに逃走していた。

文也は慶忠が言った静花と言う名前が気になっていた。静花は彼の母の名前だった。
司に相談してみると、司はその名前に聞き覚えがないという。
司の母は二十年は前に亡くなっており、文也と司は実は異母兄弟だったのだ。

文也の母静花は水代家の人間であり、文也は水代家の血を引く最後の人間だった。

六家同士の婚姻は禁じられており、青冬は静花を好きだったが諦めるしかなかった。そこに文也の父が静花との間に子供をもうけ、青冬は文也の父を逆恨みしていた。
文也の両親は事故で死亡しており、そこに青冬がからんでいた。

かなえの元へは以前一緒に暮らしていた火車真琴が、たった一人の身内を亡くし訪ねてきていた。

一方青冬は空知家の家を爆破したが、間一髪気づいた文也達。しかし住む家を失ってしまい、月影の家に居候する事となる。
しかし青冬はそれだけでなく、月影の経営する宝石店にまで標的を広げた。

なぜ、かなえはこうも笑える要素を含んでいるのでしょうか。自分で被害を与えた庭でのた打ち回る鯉を池に戻すだけで、読んでて笑えます。
このツボがたまりません。

そして衝撃的な事実。文也と司が異母兄弟。年に二回母の命日がある事を何故もっと早く疑問に思わないのか。そのあたりはさすが司と言うところでしょうか。
文也が水代家の血を引いているだけでなく、自分の力に気づいていなかった司も無意識にその力を発動させたりと、力だけから脱却かと思いきや本当に制御できていません。
この小説を最初読んだ時、この時点で話がここまでしか進んでいなくて、最後はどうなるのだろうかと不安だったのですが、次巻で見事に終わっています。

 

▲上へ

ネオ・マイス(4) 飛鳥封

おススメ度 9

角川文庫 角川スニーカー文庫 1994年04月

青冬の狙いは橙子の家にまで及んだ。
橙木の母美夜の力で何とか惨事は避けたが、その事態にかなえもさすがに苛立ちを見せる。

まだ力を使いこなせない空知兄弟を護衛するため、文也には真琴。司には上司であり空知家の守り手の薫が護衛につく。
真琴は何とか文也の力を引き出そうとするが、何かの力で封印されており、月影家の駐車場を破壊するだけで終わってしまった。

かなえは青冬を追い詰めるが、月影と薫がある思案により割って入り、薫に会った事でかなえはある状態に陥ってしまう。

何とか逃れた青冬は、文也と真琴をヘリで誘拐したが、橙子も同じくヘリで追う。少しづつ力を発揮していく文也だが、洞窟に青冬を追い込んだ先でついにその力の封印が解けた。

完結です。
かなえの政治に介入する話はどうなったといわれれば、思わずつっこんでしまう終わり方ですけど、それもちゃんと完結しています。
かなえ、それでいいのかと。
超能力を使っている割には小規模な話ですが、何故こんなに面白いのか不思議です。
大作、といわれる小説ではないと思いますが、どうしても手元においておきたくなる本だと思います。
本当にどの人物も魅力的で(青冬は微妙ですが)とても面白かったです。イラストも素敵です。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行