辻村深月 小説一覧

[名前探しの放課後]
(上)(下)

名前探しの放課後(上)

おススメ度 8

講談社 講談社文庫 >2010年09月

依田いつかがふと見た看板、その店は確か最近つぶれていたはずだ。
携帯の日付を見ると、それはいつかが認識している日付より三カ月も前の日付だった。

混乱するいつかだったが、いつかの現在では終業式の十二月二十四日に同級生の誰かが自殺していた事を思い出す。

この現象を相談するため、いつかは中学からの同級生坂崎あすなに声をかける。
ほとんど話した事もない相手だったが、タイムスリップに関する本などを読んでいた事を知っていた。

三か月前からタイムスリップしたといういつかの話を、あすなは信じると言う。
実はいつかが違和感を覚えた店の看板、その店は元々潰れていて近々あすなの祖父が店を出す予定だったのだ。

そしていつかはあすなの助言通り、名前を思い出せない生徒の自殺を止めるため仲間を集め始める。
親友の長尾秀人、秀人の彼女の椿、そして秀人の親友の天木敬。

5人は学校で自殺しそうな人物を捜し始めた。

ただ単に推理物かと思い読み始めたら、その文章の面白さに一気に引き込まれて行きました。
下巻の最後までどうなるのだろうとドキドキします。
かなり分厚いのですが、それを感じさせない小説です。
次のページをめくるのが楽しみで、ノンストップで読み切りました。
そして久々に小説で泣きました。
始まりがちょっとファンタジーな感じだったのが私に合ったのでしょうか?

話としてはタイムスリップしてきた結果、知っている自殺と言う出来事を防ぎたい。
そして協力者を集めて、自殺しそうな人を捜す、という単純と言えば単純な話ですが、主人公達の高校生らしさが絡まりその過程全てが面白い。
そして上巻でも、流れの中で僅かにあれ?と思う所があります。
それが結末への伏線だったのですが、それを深く考える前にとにかく続きを読みたい、と思える小説でした。

▲上へ

名前探しの放課後(下)

おススメ度 8

講談社 講談社文庫 2010年09月

坂崎あすなは移動教室の後の自分の机の中に、自分の死亡記事を書いたノートを見つける。
そのノートの持ち主は河野基、その生徒は同じクラスメートの小瀬友春からいじめを受けていた。

酷いいじめを受ける河野に、いつか達は自殺した生徒が河野ではないかと疑う。
違うかもしれないという可能性もあるが、まずは河野基の自殺の可能性をなくすため、いつか達は河野基のいじめの原因を取り除こうとする。

河野のいじめの原因は水泳だった。
水泳を得意にしていたいつかは河野に泳ぎの特訓を始め、やがてあすなもそれに加わり二人は少しずつ上達していく。
そして友春の前で見事に25mを泳ぎ切った河野に、友春はもういじめないと約束する。

自殺があったという十二月二十四日に何とか間に合ったと安堵するいつか達だったが、その二日前にあすなはなぜか友春と一緒にいる河野を見つけてしまう。

高校生が一生懸命やっている姿についつい読みながら応援してしまいます。

そして何よりどんでん返しにやられたと思いました。
台詞に泣いてしまいます。
ええ? まさか!! という展開です。

自殺者を捜す事より、止めるために努力する。
それが下巻のテーマです。
その全ての結果が最後のどんでん返しです。

友春の二面性や河野の時々見せる積極性、そのちょっとした違和感の理由に気付いた時、ああそうだったのかと思わず納得。

ただ他がすっきりするのにタイムスリップの事がいまいち分からずじまいなのが残念です。
しかしそんな事は気にならないくらい面白い小説でした。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行