テリー・グッドカインド 小説一覧

[魔道士の掟]
(1) (2) (3) (4) (5)
[魔石の伝説]
(1)

魔道士の掟(1) 探求者の誓い

おススメ度 5

早川書房 ハヤカワ文庫 2001年08月

父を殺されたリチャードは、現場に残されたツタのつるを手がかりに魔法の国との〈境〉の森をさまよう。その森で4人組の男に追われているカーランという女性を助ける。
彼女は何人足りとも出入りできるはずのない、〈境〉の国ミッドガルズから、魔王ダークン・ラールの横行を阻止するため、リチャード達が住むウエストランドに偉大な魔道士を探しに来たという。
その魔道士を探すため、リチャードはカーランと共に、雲の読み手のゼットを訪ねる。

そして、父の死を巡る陰謀、偉大な魔道士の正体、さらに自分の大いなる力を知る。

読みにくくはない。ですが、ややこしい。外国の小説を読んだときにいつも思うのですが、
頼むから最初に世界背景、人物背景をもっとわかりやすく説明してほしい。
という典型的な話だなと思ったのが1巻目を読み終わった感想でした。

唯一の救いはまだそれほど登場人物がいないので、人物は整理できるところでしょうか。
元は1冊なのを5冊に分冊しているので、序盤のさわりだからかもしれません。

雰囲気は好きなのですが、この1巻目だけでは、まだ入り込めませんでした。
ただ、魔法あり、主人公が自分の力に目覚めていくというファンタジーの王道を押さえているので、続きを読もうかなと思えます。

文章は少し硬いでしょうか。淡々と書かれているような気がします。

と、1巻だけ読み終わったときは思ったのですが、とりあえず1部を読み終わると、子供には勧められない内容ですが面白かったです。ただし、1巻目はやはり説明部分が多くちょっと辛いです。ですが1巻目を読んだ方はここで断念せずにぜひ続きを読んでください。真実の剣シリーズと言うシリーズ名、この名前には読書意欲をそそられます。

▲上へ

魔道士の掟(2) 魔法の地へ

おススメ度 6

早川書房 ハヤカワ文庫 2001年09月

偉大な魔道士の正体とは、友人のゼッドだった。彼により「探求者」に任命されたリチャードは〈境〉の番人チェイスとカーランと共にミッドガルズへと向かう。
しかし途中リチャード達は魔物に襲われ、負傷したゼッドとチェイスを救うため、”骨の女”エイディに会いに行く。

二人をエイディに任せ、リチャードはカーランと共に先を急ぐ。

徐々に面白くなってきた感じです。
1巻目に必要な情報が濃縮して入っていたせいか、2巻目はそれを前提としてすらすらと読めました。
1巻目がややこしいと思ったのは、淡々とした他人称と世界の説明が多かったからかもしれません。
ここからは一気に読めます。
ですがが後半、ん?と首を傾げたくなるような話になっていきます。どちらかと言えば子供には読ませたくない方向です。1巻目が淡々としてたので、これほどドロドロ感が漂うとは思いませんでした。
少々グロテスクな表現などがあり、読む人は少し覚悟がいるかもしれません。

▲上へ

魔道士の掟(3) 裏切りの予言

おススメ度 7

早川書房 ハヤカワ文庫 2001年10月

魔王ダークン・ラールより先に箱を見つけるため、〈泥の民〉を訪ねるリチャードとカーラン。
霊の集会を開き、手がかりを得ようとするが、長老達に拒まれてしまう。
しかし、〈泥の民〉の子供を救った事で一族と認められ、霊の集会へと参加する。

一方、箱は女王クイーン・ミレナの元にあった。ゼッドの他唯一生き残っている魔道士ギラーが、命がけでクイーン・ミレナの娘の遊び相手レイチェルにその箱を託し、城外へと逃れさせた。

だんだんとおススメ度が上がってきました。
今回はリチャードとカーランがいい感じです。キーアイテムの箱を持って逃げるレイチェルにも好感がもてます。小公女セーラ状態だったので同情してしまいます。

今回、今まで黙っていたカーランの聴罪師の事が、リチャードに知られます。
知られたくなかった事を知られてしまったカーラン。リチャードとの旅に不安を覚えてしまいます。

▲上へ

魔道士の掟(4) 結ばれぬ宿命

おススメ度 7

早川書房 ハヤカワ文庫 2001年11月

自分の力を恐れ、リチャードの側を離れようとするカーラン。しかし、彼女を愛したリチャードは共に旅をする事を望む。

旅を再開した二人は、ある少女に出会う。その少女はギラーに箱を託されたレイチェルだった。しかし、ギラーを誤解するカーランを恐れ、少女は一人去ってしまう。

箱が近くにあるとも知らず、再会したゼッドと共にクイーン・ミレナを訪ねるリチャードたち。
そこでリチャードはある魔法をかけられ、それを解く途中死の運び手ディーナに捕らわれてしまう。

この巻もあまり子供には見せられませんね。ディーナのサディストっぷりにびっくりです。途中まではファンタジーの王道を行っているので尚更です。

序盤はまたリチャードとカーランがいい感じです、他人称なのでべたべたとならないのですが。
とうとう箱も手にいれ、いよいよ大詰めです。

▲上へ

魔道士の掟(5) 白く輝く剣

おススメ度 7

早川書房 ハヤカワ文庫 2001年12月

拷問の技に長けた死の運び手〈モルド・シス〉の女ディーナに捕らえられたリチャードは彼女の手により、徐々に自我を失っていく。
ダークン・ラールと対面を果たしたリチャードは、仲間に裏切り者がいることを知り、ディーナの元を逃げ出すため、彼女を手にかける。

カーランたちは、ダークン・ラールの右腕デミン・ナスの襲撃を受けていた。リチャードが死んだと言われたカーランは、怒りのあまり”血の憤怒”(コンダー)に捕らわれる。

第1部完結です。
前巻で大変な目にあったリチャードですが、今回はデミン・ナスがカーランの怒りのもと、ものすごい目に合います。女の私では真の痛みを理解できませんが、自業自得ですね。
全体的にやはり子供向きではないです。

いよいよダークン・ラールとの決着も付きます。そしてすぐさま次の巻への伏線が張られています。

リチャードが1巻目の森の村人、というイメージからがらっと変わりました。徐々にと言う感じですが、真実の剣を手にして様々な危険に直面してと、そのあたりはファンタジーの王道です。
王道と言うと深く濃い感じになりがちですが、内容はハードでしたが文章が最後まで他人称なので、重くはなりません。
決して子供向きではない内容とその重くはならないという所に、好き嫌いが分かれるかもしれません。
私はどんな文章にもこだわりはないので、面白かったのではないかと思います。

▲上へ

魔石の伝説(1) 冥界からの急襲

おススメ度 7

早川書房 ハヤカワ文庫 2002年02月

リチャードはゼットの孫であり、そしてダークン・ラールの実子であった。まだそれを知らぬリチャードはカーラン、シディンと共に〈泥の民〉の元へと向かう。
リチャードの激しい頭痛と食の好みの変化、そして夜に目を開けて眠る事に気づくカーラン。魔道士として目覚めつつあるリチャードに〈光りの信徒〉のシスター達が訪ねて来る。

一方ゼットたちは地下世界の魔物スクリーリングに襲われる。ダークン・ラールが手を出した魔法のせいで、この世と地下世界との間にある〈ベール〉が引き裂かれていた。

ゼットはエイディをチェイスはリチャードを探すため再び旅立つ。

〈真実の剣〉第2部です。
前回までひどい目にあってきた反動か、リチャードとカーランの仲が進展してます。
が、やはり最後にはまた大変な目に会いそうな予感がします。

ダークン・ラールが撒いた、降って沸いた災厄。それにまだ気づいていないリチャード達。
しかし魔道士に近づくと、目を開けて眠るのにはびっくりしました。面白い定義ですが、つい魚を思い出してしまいます。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行