高瀬彼方 小説一覧

[天魔の羅刹兵]
蒼月譚/紅道譚
[ディバイデッド・フロント]
(1) (2) (3)
[カラミティナイト]
オルタナティブ(1) (2)

天魔の羅刹兵 蒼月譚

おススメ度 9

幻冬舎 幻狼fantasia novels 2008年08月

種子島式・羅刹兵。
種子島に漂着したポルトガルの宣教師達により伝えられた、人と同じように二本の腕を持ち、五本の指で物を持つ事が出来る巨大な人工の鬼。
「種子島」と呼称されることもあるが、人々はその威容から「羅刹兵」と呼ぶようになる。
しかしこの羅刹兵は操縦が非常に困難であり、安定性を欠く乗り物で、更に主動力部の「鬼釜」と呼ばれる蒸気動力炉は非常に高価な上、燃料すら不足しており、貨物船の積み下ろしや作業用に使われるのが主であった。

しかし長篠の戦において、織田軍は二体の羅刹兵を投入した。
名高い武田軍はその羅刹兵の前に惨敗し、その中に味方を逃すため踏みとどまる馬場美濃信春の元で戦う小心者の穴山小平太の姿があった。
三時間も戦い続けた信春の前に、柴田勝家が操る羅刹兵「烈震」そして明智光秀が操る「蒼月」が迫る。
信春は討ち死に、そして傷を負い動けない小平太に金棒を振り下ろす烈震、しかし小平太の叫びに蒼月が反応した。

羅刹兵には「荒魂」という特殊装置が搭載されており、それが操者の意志で羅刹兵の動きを制御しているのだが、これに反応する人間は限られており、織田軍でもありとあらゆる人間が試されたが、反応を示したのは柴田勝家と明智光秀の二人だけであった。

荒魂が反応を示し、羅刹兵を操れる可能性を持った小平太を光秀は捕らえる。
そして新たな羅刹兵「狗神」の操者となった小平太は、光秀と共に戦場を駆ける。

復刻版です。旧版も持っているのですが、どうしても手直ししている新装版が欲しくて買ってしまいました。
どちらかと言うと「女王様の紅い翼」シリーズのほうが好きだったのですが、読み返してみてなるほど、友達の評価が高かったのはこっちだったのですが、納得。やはり天魔の羅刹兵も面白い。
作者がHPで書いてあるとおり、主人公の年齢が途中で変わってます、本当は14歳だそうです。
ですが、そんな事は些細な間違いです。「天魔の羅刹兵」を読むには何の障害にもなりません。

挿絵も変わっているのですが、一番びっくりしたのは明智光秀。旧版では月代があり普通のおじさん風なのに、新装版は長髪美形。一瞬信長かと思いました。
主人公も旧版はどうにも百姓ッぽさが抜けきらない顔で、美少年という設定をつい忘れてしまっていたのですが、それが改善されてます。個人的には前の顔も結構好きだったのですけどね。
そして何より羅刹兵。狗神の狗っぽさがなくなっています。

さんの作品はどれも面白いです。文章が上手い、とにかく先を読ませる力があります。
もっと売れて良い作家さんだと思うのですが、いまいちマイナーな方で残念です。
この作品も羅刹兵が鉄砲の変わりに伝えられたというのが、さも事実のように書かれ、小心者の小平太が羅刹兵を駆り戦うときの葛藤。そして歴史的事実、どれも上手くて面白い。とにかくさんは登場人物の内面を書くのが上手いのです。

羅刹兵は聖刻の操兵のような感じでしょうか。そこに自分の意志を伝達できる「荒魂」が搭載されているので、操兵より自分の意志で動かす事が出来ます。(聖刻を知らない人、すみません。他に近いものが思い当りませんでした)
ですが、整備が大変なため、下手な動かし方をすると整備関係の方から悲鳴が飛びます。
主人公は主人公で安全な操縦席で、民間人を惨殺する事に抵抗を覚え苦悩します。
そのストーリーの端々にあるちょっとしたギャップがとても面白い。ちょい役にも性格づけの上手さがにじみ出ています。

旧版はおそらく古本でしか手に入らないので、是非一度復刻版をお読みください。年代問わず面白いと思います。

▲上へ

天魔の羅刹兵 紅道譚

おススメ度 9

幻冬舎 幻狼fantasia novels 2008年09月

光秀の危機に何とか助けに入った小平太。光秀を先に行かせ、一人留まるが、逃亡する孫一たちを深追いしてしまい、小平太は狗神を大破させてしまう。

雑賀羅刹との戦いで、羅刹兵の改良に乗り出す斉藤内蔵助。そして、自分の羅刹兵を失った小平太も羅刹兵の荒霊の解析を行っていた。
その結果遠距離攻撃、走行、不安定な足場での安定性など改良を加えた羅刹兵「平蜘蛛」が完成した。しかし平蜘蛛は小平太には上手く反応せず、新しい搭乗者を募ることになった。

何千と言う中から、反応を示したのは松永弾正少弼久秀だった。
信長の家臣ではあったが、この羅刹兵を手に入れたことによって、久秀の中に再びある思惑が蘇える。

信長に対し、反旗を翻した久秀、しかし期待する上杉と毛利の助力はほとんどなかった。
しかし平蜘蛛を擁する久秀、反乱鎮圧のため蒼月を操る光秀が討伐に向かうが、平蜘蛛の前になす術がなかった。

そこで信長の実子信忠より、蒼月に火薬を詰め込み、小平太を操縦者とし、平蜘蛛に特攻させると言う作戦が提案され、他に代案もなく、小平太は命を投げ出す覚悟をする。
そこに秀吉が蒼月の補修物資を運んできた。その中には上杉軍に敗れた柴田の羅刹兵の物資もあり、その量はもう一機羅刹兵を組み立てられるほどだった。
そして更に、秀吉は平蜘蛛に対してある秘策を授ける。

復刻版2巻目です。旧版もここで終わっていました。やはり終わりなのでしょうか。
やはり面白い。何が上手いというと、何度も言いますが心情でしょうか。「ディバイデッド・フロント」でも思いましたが、小心者の小平太の内情を小平太側と第三者側とで書き分けてますが、もうそれが面白い。
武将達だけの話し合いなども、飛ばすことなくじっくりと読めるあたりはさすが高瀬さんだと思います。

そしてこの手によくある機体のチェンジが基本的に小平太にはありません。もちろん元の狗神を破壊させたので、新しい羅刹兵ですが、それはあくまでも改良したというだけで平蜘蛛に勝るのは燃費くらいです。
しかも、と内容をすべて話してしまいそうなので、ここは是非読んでください。と言っておきます。

▲上へ

ディバイデッド・フロント(1) 隔離戦区の空の下

おススメ度 9

角川文庫 角川スニーカー文庫 2003年06月

人類が、突如として現れた異形の生物、憑魔により生活圏を脅かされてから二十年以上が経った。
際限なくあふれてくる憑魔に一定の法則を見出した人類は、ある出現場所を保持する事で他への発生を押さえる事に何とか成功する。
土岐英次はそのうちの一つ、日本の元首都東京や周りの県一体を隔離した、「北東関東隔離戦区」へと配属された。
上官である生駒敬吾隊長以下、楢崎一流、羽生良輔、筒井彩、宮沢香奈そして土岐英次の6人で小隊を組む。
しかし、ほとんどが十代で、宮沢香奈にいたっては14歳という若さであった。
何故それほど若い少年少女たちが自衛隊に配属されるかと言う理由は、憑魔が体内に出現する強制憑魔という状態に陥っていたからである。
体の一部に憑魔に寄生された者は、すべてどこかの隔離戦区への配属が決められていた。
寄生されたかわりに、男なら雌の憑魔、女なら雄の憑魔の気配を感じ取る事ができ、「活性化」の状態になると、寄生された場所によりその力で常以上の力を発揮する事ができる。そのため、男女常に一組での行動が命じられている。

決して戦闘向きでない宮沢や、体力的に劣る羽生を残し、生駒たちは活性化が示した地域を調査し始めた。
しかし敵は半端な数ではなかった。
圧倒的な数の敵に追い込まれる生駒小隊、その中で宮沢が敵に攫われてしまった。
宮沢は殺されるだけならまだしも、繁殖のために攫われていた。
何とか助けに入った土岐だが、宮沢は隔離戦区での生活に絶望し、自殺を図ろうとするが、そんな宮沢を追いかけてきたのは、倒したはずの憑魔に寄生した、共生憑魔だった。

何気なく本屋で見て、スニーカーにしては珍しいジャンルだなと思い、ぱらぱらとめくると面白そうだったので、そのままレジへ。
何気なく買ったこの小説がこんなに面白いとは。
今でも落ち込んだときに読む本のリストに入っています。
ちなみに落ち込んだときに読む本、それはこの「ディバイデッド・フロント」と「やさしい竜の殺し方」です。どちらもスニーカーです。
心情的に励まされたいときはこちらを読みます。

世界観は重く、その中でひたすら戦闘を続けなければならない主人公達。
決して好きで自衛隊に入ったわけではなく、憑魔に寄生されたから否応なく放り込まれてしまいます。
そこで待っている過酷な訓練、そして死と隣り合わせの実戦。
この小説は、土岐や宮沢他の目線からの一人称で書かれています。
なので、その一人ひとりの心情がひしひしと伝わってきて、途中泣いた事もありました。
それぞれ個性がしっかりしていて、主人公らしい性格の土岐。
そして自分は駄目だと悩む少女宮沢。他にも生駒たちの視点での話もとても上手く、どきどきして読める作品です。
私は結構後ろ向きな性格なので、宮沢におもいっきり感情移入してしまいました。
土岐が好きだけど言えない。戦いが怖い。
それでも最後に勇気を振り絞る。
もう夢中で読みました。

個人的には筒井と羽生が好きなのですが。

そして寄生されたからという、理不尽ともいえる理由で戦っていく共生憑魔された人々。
その壮大な世界観、それなのに視点はあくまでも主人公達からの目線で、これがさらにリアル感を出しています。
過酷な状況であるのに、その過酷という重いメージが良い意味で主人公達にはありません。
もちろん、悩み、思いは色々ありますが、ある種すがすがしい気持ちで読める小説だと思います。

高瀬さんの作品では大体において自分を弱いと自覚する人たちが出てきます。
「女王様の赤い翼」のフーバー君はともかく、「天魔の羅刹兵」の小平太、「カラミティナイト」の沢村智美、「ディバイデッド・フロント」の宮沢香奈。
弱い=暗いと思わず連想してしまいがちですが、共感できる弱さなのです。
高瀬さんはこの人物を書くのがものすごく上手いと思います。
小説が上手い面白い事と売れるという事は、別なんだとつくづく思う作家さんです。

▲上へ

ディバイデッド・フロント(2) 僕らが戦う、その理由

おススメ度 9

角川文庫 角川スニーカー文庫 2004年05月

共生憑魔との戦いで療養生活をしていた土岐だが、とりあえず問題ない程度には回復したため、生駒小隊に復帰する事になったが、迎えに来た楢崎が向かった先は、嘘八百の自衛隊のPRビデオの撮影現場だった。
その監督をする進藤未来二等陸尉、彼女は悪意のない探究心を持ち、宣伝効果だけを狙ったビデオや、経験した隊員にとって禁忌と言うべき駐屯基地が壊滅した「朝霞事件」の話題にも触れてくる。
その「朝霞事件」では赤帽子、レッドキャップと呼ばれる上級種の憑魔が目撃されていた。

一方、芹沢小隊より応援の要請があり、生駒、楢崎、土岐は3人で現場に向かうが、途中憑魔に襲われる。その憑魔は知性の低いはずの昆虫タイプだったが、何故か包囲戦術を用いて襲ってきていた。
不自然極まりない状況に、生駒は一旦駐屯地に戻り、人手を確保しようとするが、そこでレッドキャップを目撃する。

また、撮影現場でも憑魔に襲われていた。
牙蛙に襲われる進藤を助けるため、宮沢は「M9」を手に戦う。

何とか牙蛙を振りきり、土岐たちと合流できたが、その場所にはいるはずの一人がいなかった。

とりあえず羽部さんがかっこいい。
序盤に「朝霞事件」が書かれてますが、そこで筒井を助けに来る羽生さん。
これがとってもかっこいい、女性なら一度は読んでと言いたくなります。
といっても、小説自体は女性男性どちら向けでもあります。
前半は駐屯地でのPRビデオの撮影ですが、進藤という戦闘とは離れた隊員により新たな目線で隔離戦区の戦い方を見ることができます。
分かったつもりでいる、理解したいと思う、進藤を読んでいて、途中までこの人はこの戦いの事を真剣に考えているんだ、と思っていました。
真剣に考えてはいるのでしょうけど、それは戦っている人たちとは違う感覚です。
筒井の言葉と前線に立つ人たちの考えを聞き、深く考えさせられます。

そして筒井は土岐を好きな宮沢を応援します。少しずつ勇気を出し始めている宮沢、それに気づきながらも土岐をからかう事を止めない楢崎。
このあたりの言い争いも見ものです。

そして生駒小隊に助けを求めてきた芹沢小隊で、一人生き残った桐嶋秋。
たった一人生き残った事、他の隊員が犠牲になった事を分かっている桐嶋の立場、後半はぐっと重い展開になります。

▲上へ

ディバイデッド・フロント(3) この空と大地に誓う

おススメ度 9

角川文庫 角川スニーカー文庫 2005年03月

生駒を失い、桐嶋が臨時に入る事になった。生駒の代わりに隊長代理を務める楢先だが、彼女からは明るさは失われ余裕を失っていた。
ある調査に向かった途中、かつて恋人であり、アイドルだった朝霧和磨と再会する。
憑魔と味方の砲撃に挟まれていた一同は脱出に成功するが、着いた先は田園調布。
朝霧はここでバーベキュー大会を開こうとしていた。
いずれは分かれてしまうだろうイコマ小隊とのバカらしい思い出もいいかもしれないと、朝霧に付き合う土岐たち。
しかしそこではレッドキャップの女王が待ち受けていた。

ばらばらになっていた土岐たちに、ヨロイグマに襲いかかる。何故か銃撃が効かないヨロイグマ、その右手は倒したはずのレッドキャップの右腕だった。
何とか桐嶋と共にヨロイグマを倒した土岐は楢先たちの元へ向かう。
宮沢は負傷し、朝霧も重症を負っていた。

一方楢先はレッドキャップの女王と赤ん坊達を殺し地下を進んでいた。
土岐が追いつくと、彼女はすでに共生憑魔に支配されていた。

最終巻です。
生駒隊長。あの楢先が頼っていた存在、彼の存在の重さが伝わってきました。
そして隔離戦区では「大軍」の憑魔に襲われます、それに対抗するため自衛隊による連日の爆撃と砲撃により戦況を持ち直します。
宮沢たちがぎりぎりの装備で戦う中、使われる事なく保持されている戦力。
その世界の現実の辛さにおののきます。
宮沢も戦闘員として戦いに望みます。あれほど怖がっていた戦いに、必要に迫られたというのもありますが、この巻までに彼女が成長した結果とも言えると思います。
そして土岐の共生憑魔の正体。本来ならばもっとクローズアップされる物だと思いますが、まずはストーリーがある。これが私の高ポイントの所以です。
そして土岐は楢先の弱さに直面します。
宮沢とは違う弱さ。振るえがきます。

その辛い戦闘を続けてきた土岐たち。
最後の挿絵にはっとしました。
この感動はたまりません。

実は作者本人の「ディバイデッド・フロント」に対するある文を読み、読み返そうと決意しました。
私はこの本を買ったときに他のスニーカーの作品と比べて違和感を覚えました。なぜなら1巻目でも書きましたが、決して大衆向けに書かれた本ではないと思ったからです。
だからこそ作者の伝えたい事、テーマ、それが全面に伝わってくる気がしました。
しかしライトノベルには違いなく、その域を出る作品ではないとは思うので、やはり一般に推せる作品ではないとは思います。
しかしそれでもあえて推したい作品です。
私はこの作品で泣きました。
1回目ではなく、2回目か3回目の時です。すでにこの先のストーリーも分かっているのに、今その文章を読んでいる、その時点の内容につい泣いてしまいます。
それほど彼や彼女達の視点で書かれている文章が上手いのです。

何度も言いますが、この作品は私が落ち込んだときに読む本に入っています。がんばろう、負けなようにしようと思える小説だと思います。

▲上へ

カラミティナイト オルタナティブ

おススメ度 8

ソフトバンククリエイティブ GA文庫 2009年01月

読書と手芸とインターネットが趣味という地味な高校生沢村智美。
ある時電車に乗り遅れそうになった智美は、人間離れした美しさを持つ金髪碧眼の少女に助けられた。
彼女の制服は同じ高校のもの、彼女は事情があり学校を休学していたホリィ・ブローニングだった。
近寄りがたく、また誰も近づけさせないその態度に知美はお礼を言うことすらできなかった。

けれど担任の雪村からホリィの不幸な事件を聞いた知美は、周りから距離を取る彼女に話しかけようとするが、冷たくあしらわれてしまう。
落ち込む知美だが、親友の櫻井優子がいつも支えてくれた。

しかし追い討ちをかけるように智美がネットで公開しているオリジナルファンタジー小説「黒騎士物語」がさらされてしまう。
そのひどい内容に知美は小説を削除し、手作りの登場人物のぬいぐるみも優子にあげた物以外は捨ててしまう。

冷たい仕打ちを受けたにも関わらず、ホリィの家にプリントを届けに行く途中、智美は「黒騎士物語」のホリィによく似た黒騎士・ランスロットが落ちているのを見つけ、それを手にホリィの家へと向かった。

ホリィの家で、知美はホリィと関わりがある奇妙な外国人に出会う。

そして彼女が彼女であった最後の時が訪れる。

以前に刊行された小説の復刻版です。
本当に高瀬さんは復刊の嵐ですね、嬉しい限りです。
ただ天魔の羅刹兵と違い、カラミティナイトには重大な変更点が。

ホリィ。

重要人物の彼女ですが、以前は忍という男の子。
こちらはこちらで面白いのですが、智美が変化するのが男の子。というのが私はツボだったのでちょっと残念です。
イラストも変わってます、少し少女小説的になってしまい、その点でマイナス1点させてもらって、おススメ度は取りあえず8です。
けれどはじめて読む人にはそのあたりは気にすることでもないので、おススメ度は9でもいいと思います。

主人公智美は中学時代はいじめられていた地味な高校生。
優子という友達のおかげで普通に学校に通っていたのに、ホリィとの出会いで再び悩みだしてしまいます。
それはホリィが自分に誰も近づけさせないようにという気遣いからだったが、智美はそれを超えてしまいます。

内容は主人公が読書が趣味なだけあって、かなり漫画や小説、アニメに偏った文章なども出てきます。
それでも智美には好感が持てるのではないでしょうか。

そんな智美の周りで張り巡らされる罠。
ホリィを守ってきた騎士たち。

はじめて読んだ時は展開が読めずドキドキして読みました。

▲上へ

カラミティナイト オルタナティブ2

おススメ度 9

ソフトバンククリエイティブ GA文庫 2009年03月

智美が消えた。
彼女を探しに優子は家を飛び出すが、その足は「自分を呼び求める何か」に引かれていた。
そして優子はホリィの姿の黒騎士の姿を目撃する。
黒騎士は優子に向かい「シャリエラ」と呼んだ。

智美はホリィの心臓「災禍の心臓」により、彼女の騎士となっていた。
その力は智美の小説「黒騎士物語」を元に、そしてその小説の登場人物の人形と同じ力を持つ。

まだ経緯を知らない優子、彼女の周りでその力を使った事件が起きる。
怪我を負い、入院している智美は誰も巻き込まず、一人戦う決意をする。

智美の智美としての時間が終わり、ホリィの騎士としての時間が始まりました。
ハルキ文庫で読んでいたので大まかなあらすじは分かっていたのですが、読みだすと止まらず、一気に読んでしまいました。
さすがに二巻目ともなると旧版とは違うホリィにも慣れ、美しい少女の男言葉に心惹かれてしまいました。
要するにかっこいいんです。
と言うと、戦闘ものを前面に出したアクション物かと思われますがそれだけではありません。
優子の周りで起きるクラブ内でのもめごと。
女の友情の複雑さがこれまた面白い。高瀬さんの作品では毎度毎度言ってますが、この内面の感情が面白いんです。
優子のきつい言葉、そしてそれをすぐに後悔する優子。気持ち、分かるなと頷きながら読んでしまいます。

変化してしまった友達を殺してほしくない、でも自分は救いの手に答えられなかった。

そして黒騎士となった智美のある意味容赦ない言葉、本当にかっこよくて面白いです。

そして智美が書いた「黒騎士」、技とか設定も多少素人さが入っていて、高瀬さんはプロなのに、よく素人っぽく書けるなと感心しました。これがその物語ならきっと趣味の域を出なかったと思うのですが、それがあくまで創造されたものとして設定されているので、多少技とかの素人っぽさがそれと感じられず、普通にかっこいいと思ってしまいました。

新たな一歩を踏み出したホリィ、続きが待ち遠しいのですが、どうやらここで終わりの様です。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行