鷹見一幸 小説一覧

[リセット・ワールド]
僕たちだけの戦争/僕たちが守るべきもの/僕らが創るべき未来

リセット・ワールド 僕たちだけの戦争

おススメ度 7

(角川) 電撃文庫 2008年03月

五年前、世界中の国々を原因不明の疫病が襲った。
その致死率の高さと罹患率の高さから世界の総人口の八割以上が失われた。
残ったのは病気を発症しなかった十八歳未満の子供たちだった。

園山慎吾は大道寺正行が大統領を名乗る西東京共和国へとやってきた。
活気にあふれ、物資にあふれる西東京共和国だったが、慎吾は違和感を覚える。
西東京共和国には弱者を強制的に働かせている裏の面が多々あったのだ。
慎吾はそこで大宮から西東京共和国の様子を探りに来た矢上由紀江出会い、拉致されてきたサナエという少女を連れ、大宮のコミュニティを目指すことにした。

実は園山慎吾は生き残った大人たちのいる長野を発ち、大人たちの持つ知識・技術を伝えることができるコミュニティを探していた。
しかし大人たちの秩序を必要と考えない西東京共和国の大道寺と参謀役の多田は、慎吾の後ろにある大人たちの存在に気づき、慎吾の排除に動き出す。



とにかく世界観が面白かったです。
大人たちが死に絶え、子供たちしか残らず、当時は幼い子供たちを高校生・中学生が保護する。
物を生み出す力が衰え、五年前の遺産を消費している世界。
工業・農業系学校出身の者がいれば農作や機械の修理もできますが、それでも機械については抜本的な解決は見通しが立たない。
大小様々なコミュニティが存在しますが、力で奪い取ろうとする北斗の拳のような連中もちらほら。
その中で絶対的な知識を持つ、たった300人生き残った大人たち。

この構図が面白い。
これだけ面白そうな設定なのですが、焦点は園山慎吾の知識・技術を伝えられるコミュニティ探しです。
このあたりは鷹見さんらしいですね。
そして慎吾が持つ知識、これも鷹見さんらしい生き残るために必要な事で事態を切り抜けていきます。
パターンと言ってしまえばお終いですが、全てがうまくいくわけではないので毎回ハラハラしながら読めます。

 

▲上へ

リセット・ワールド(2) 僕たちが守るべきもの

おススメ度 7

(角川) 電撃文庫 2008年08月

西東京共和国から逃れ大宮のコミュニティにたどり着いた慎吾たちだったが、さらに大宮でも西東京共和国との戦闘は続き、慎吾は重傷を負ってしまう。
大宮から撤退した慎吾たちは更に熊谷コミュニティに身を寄せる。

何とか動けるまでに回復した慎吾は、西東京共和国と戦う決意をした熊谷コミュニティのため、矢上と偵察に出る。
西東京協和国はそれまでの略奪の方針を変え、コミュニティを支配下に置き、人員・作物を徴取していた。

西東京協和国に対し、武器などで劣る熊谷コミュニティだったが、熊谷コミュニティには鉄道を復活させた技術があり、他にも大人たちの遺産が残されていた。



新しいものを生み出すこと、大人たちがいなければこんな感じなのでしょうか。
多田は今の時代を戦国時代に例えていますが、政治という機能がなくなればそこまで経済が戻ってしまうのかなと。
その中でも奪うのではなく、技術を復活させ食物を作り出す熊谷コミュニティ。
西東京共和国との対比で、次の時代には何が必要なのかがおのずと示されていますが、今の現時点では西共和国の生き方もありなんですよね。

登場人物がグッと増えてきますが、人物の作り方もやっぱり鷹見さんっぽいですね。
独特すぎて人物の性格形成だけで鷹見さんっぽいと思えるのは凄いなというところ。

 

▲上へ

リセット・ワールド(3) 僕らが創るべき未来

おススメ度 7

(角川) 電撃文庫 2008年12月

以前大宮のコミュニティで助けた藤見翔子が操縦するモーターグライダーで松本へ援軍を求めに向かった慎吾だが、途中エンジントラブルのため東信濃コミュニティに不時着し、そこで彼らに西東京共和国との戦闘への協力を得る事が出来た。

松本へは翔子を送り、信吾は単身熊谷へと戻る。大人達から得た知識で西東京共和国の侵攻を食い止める慎吾達だったが、そこへ敵のパンツァーファウストが命中した。



3巻目で何が良かったかというと、最後の方の慎吾の言葉。
それを書くと今までの流れがガラッと変わってしまうので、読んでくださいとしか言えないのですが、大人達がいる松本で様々な知識を学んできた慎吾。
大人達がいない世界で、熊谷で生き抜いてきた栗野の差にやられたと思いました。
今思えば今までの慎吾の行動は確かにそうだった、という妙にすっきりとした感じもします。

熊谷コミュニティと西東京協和国の戦闘は、やはり西東京協和国は多田という頭脳がありますが、物量任せのイメージ。
それに対抗する熊谷コミュニティは作戦を立て新兵器を開発するという、大人がいなくとも大人となった子供達がいかに成長できたかというところに差があると思います。
それでも物量の差はいかんともしがたいのですが。

前半はちょっと中だるみかな、でたまかのメイン以外の話のような感じです。
後半は戦闘で、これもいつもの鷹見さん。
でもそれがすべて終わった後の、先ほど書いた一言のためにすべてがまとまった感じがしますね。
分厚いですが、3巻と長いわけでもなく、鷹見さんらしく面白かったです。

 

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行