喬林知 小説一覧

今日からマのつく自由業!/今度はマのつく最終兵器!/今夜はマのつく大脱走!/明日はマのつく風が吹く! /閣下とマのつくトサ日記!?/天にマのつく雪が舞う!/地にはマのつく星が降る!

今日からマのつく自由業!

おススメ度 6

角川文庫 角川ビーンズ文庫 2001年09月

ヤンキーにトイレの便器に顔をつっこまれた渋谷有利、そのまま水に流されてしまい、何故かテーマパークのような所へ流れ着いてしまった。
夢でも幻でもなくそこは間違いなく異世界。
そして有利は眞魔国の魔王の魂を持つ人物だった。

コンラッド、そして教育係のギュンターと共に城へと入る有利。
しかし前王の息子二人には歓迎されているわけではなった。
長男グウェン、次男はコンラッド、そして三男のヴォルフラム、有利は成り行きでヴォルフラムに求婚してしまい、怒りが頂点に達したヴォルフラムから決闘を挑まれてしまう。

これを読んだのはかなり前、たしか発売された当初でまだティーンズルビーと言う名前の時でした。今はビーンズ文庫ですね。
最初に読んだ感想は、とにかくグウェンがカッコイイです。
この人読みたさに読んでいたのですが、この本はテンションが高く、途中で疲れてしまい、一度読むのを放棄しました。
本当はおススメ度5にしようかと思ったのですが、グウェンの存在だけで6にしてしまいました。

それが数年後漫画化やアニメ化などされびっくりです。アニメがNHKと聞き、大丈夫なのかと思わず突っ込んでしまいました。しかし声優陣の豪華さには驚かされました。

内容は十代の方達ははまるだろうな、と思いました。読んだ当初は私も十代だったのですけども。
他と違うのはグウェンの存在、これに尽きます。
ただ文章は読みやすい、けれど野球に詳しくないと少し辛いかもしれません。私は全く詳しくないので、途中何の事だろうと思ってしまいました。それが気にならなければいいのですが、気になると私のように一度放り出してしまう原因の一つになるかも知れません。
そしてたどり着いた世界の変わった事。頬をたたいたら求婚で、落としたナイフを拾ったら決闘を受けるという返事、このあたりにこの小説に耐えられるかどうかの分かれ目ではないかと思います。
と、私は批判的なことを書いてますが、同じ年のこの本を貸してくれた友達ははまってます、とにかく続きを読め読めと言われてました。
別に面白くないとは言いません、ただ私にとってはテンションが高いのです。

▲上へ

今度はマのつく最終兵器!

おススメ度 6

角川文庫 角川ビーンズ文庫 2001年09月

銭湯に入っている最中、再び眞魔国へとやってきた有利。
そこでは人間との戦争が始まろうとしていた。
戦争反対の有利は伝説の武器モルギブを手に入れれば抑止力になると考え、コンラッド、勝手についてきたヴォルフラムとともに剣があるという人間の国を目指すが、その航海の途中海賊に襲われる。

何がいいと言うと、やはりグウェンです。
有利狂いのギュンターに振り回されるグウェンが楽しい、そしてあみぐるみが趣味なのもツボです。

今回の有利は、すみません。少し読んでて疲れました。
グウェンが出てくるとこ読みたさに読んでた気がします。
要するに熱血系なのですね有利は。それが私には少し重いです。

そしてなんとも言えない魔剣、やはり好き嫌いが分かれるだろうなと思います。

▲上へ

今夜はマのつく大脱走!

おススメ度 6

角川文庫 角川ビーンズ文庫 2001年12月

グウェンは眞魔国の南で、魔王陛下を語る者が魔王にしか使いこなせない特別な物を所持していると聞き捜索に向かう。

咎人として捉えられているその偽物を助けるため、水族館から再び眞魔国へやってきたユーリはグウェンと合流するが、途中砂熊に襲われ、ユーリはグウェンと二人で目的地を目指すことになる。

別名、グウェンの災難でしょうか。
真面目で堅物なのにユーリの婚約者と誤解され逃亡する羽目になったりと、気苦労が絶えません。

いつも城にいて、あまりユーリと行動する機会が少ないグウェンですが、今回は存分に楽しめるので、好きな巻です。

▲上へ

明日はマのつく風が吹く!

おススメ度 6

角川文庫 角川ビーンズ文庫 2002年03月

何故か前回の事件が解決しても元の世界に戻れなかったユーリ。
そんなユーリの元に魔王様のご落胤を名乗る少女グレタが現れた。
そして少女はユーリを狙い、刃を向ける。

数年前に読んだ時、このあたりから話がよく分からなかった記憶があります。
読み返してもいまいちあらすじが整理しにくいのです。
難しくはないのですが、どうしてなのしょう。

このあたりからグウェンの不幸さが目立ってきます、アニシナとは良いコンビだと思うのですけれど。

▲上へ

閣下とマのつくトサ日記!?

おススメ度 6

角川文庫 角川ビーンズ文庫 2002年06月

ギュンターにユーリとの日々を妄想的に書き綴った「夏から綴る愛日記」を出版しないかと言う話が持ちかけられた。
しかし日記だけではページが足りないと他のエピソードを思い出そうとするが・・・・・・

ユーリとヴォルフのドタバタ劇、グウェンとアニシナの刺激的な事件、コンラッドが地球へやってきた話があります。

ユーリに振り回され、アニシナには遊ばれ、もう私にはグウェンしか見えてません。
コンラッドの話では今の穏やかな性格とはまた違う彼の性格を見ることができます。
過去の出来事をまだ引きずっている、そんな様子が伺えます。

▲上へ

天にマのつく雪が舞う!

おススメ度 6

角川文庫 角川ビーンズ文庫 2003年06月

「地の果て」を間違った鍵で開けてしまったため、カロリアは壊滅的なダメージを受けてしまった。

そこにシマロンより「天下一武道会」の知らせが届く。
優勝者には望みの者が与えられるその大会に、ユーリはシマロンが持つ「風の終わり」を手に入れるため、ノーマンとしてヴォルフ達と共に参加する。

眞魔国に詳しい村田、ユーリらしくもない言葉を吐きます。
ユーリ達は勝ち進んでいきますが、そこで思わぬ人との再会がっていました。
ユーリが別れてしまってからずっと気になっていた相手、彼が再び登場です。

▲上へ

地にはマのつく星が降る!

おススメ度 6

角川文庫 角川ビーンズ文庫 2003年07月

ユーリの勝ち抜き戦の相手は、生きていたコンラッドではなくアーダルベルトだった。
いつもの魔王モードになっても倒せないアーダルベルト、しかしコンラッドの「ユーリの魂はジュリアのもの」という声にその手が止まる。

コンラッドの真意が分からないユーリ、だがコンラッドが優勝者として望んだ物はカロリアの独立と永久不可侵だった。

まだまだ裏があるような気がしますし、コンラッドの事が気になりますが、とりあえずカロリア編の終わりです。
ツェリ様の母親の一面など意外な面が読めます。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行