ケン・グリムウッド 小説一覧

リプレイ

リプレイ

おススメ度 7

新潮社 新潮文庫 1990年07月

1988年、10月18日午後1時過ぎ、妻との電話の最中にジェフは死亡した。
しかし苦しさの中、目が覚めると、そこは部屋は仕事場ではなく、大学の頃の自分の部屋だった。

1963年、ジェフは18歳の自分に戻っていた。
記憶と知識は元のままだが、時間は25年前。ジェフはその知識を元に大金を手に入れる。
最初の人生とはまったく違う人生を歩む彼だったが、同じく43歳の秋に死亡する。

再び1963年。彼はまた再生(リプレイ)した。
そしてまた、別の人生を歩み始めるが、すべて1988年には死亡し、人生をやり直す事になる。
ある時、その時代ではありえない映画を目にする。「星の海」というその映画の監督はスティーブン・スピルバーグ、特殊効果監督ジョージ・ルーカス。まだ「ジョーズ」「スターウォーズ」が撮影すらされていない時代だった。
その映画の脚本および製作者のパメラ・フィリプス、最初の人生では聞いた事もない彼女にジェフは会いに行く。

彼女パメラ・フィリプスもジェフと同じく再生者だった。

面白い。もっと単純な話だと思っていましたが、再生回数が多く、次の人生はどうなるのだろうと夢中で一気に読んでしまいました。

私は1988年すらいまいちどのような事があったか知りませんし、アメリカの出来事なんてさっぱりでしたが、そんな事は気にならないくらい面白いです。

特にパメラ・フィリプスと出会ってから、物語は急展開していきますが、そこから怒涛のように再生が展開されます。

そして再生が繰り返されるたび、再生される過去の地点がだんだんと1988年に近づいてきます。

とにかくそれぞれの人生が毎回面白いです、おススメの一冊です。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行