平岩弓枝 小説一覧

[はやぶさ新八御用帳]
(1) (2) (3)

はやぶさ新八御用帳(1) 大奥の恋人

おススメ度 7

講談社 文講談社文庫 1992年11月

南町奉行所与力隼新八郎は、元女中のお鯉の家から帰る途中何者かに襲われるが、何とか事なきを得る。

後日丸屋の当主、清兵衛の死体が上がった。
更に大奥御年寄、音羽の警護として鬼子母神参詣に新八郎は同行するが、同心船越は斬られ、音羽も殺されてしまう。
清兵衛の妹が大奥で奉公していたため、事件の謎が大奥にあると見るが、女人禁制のその場所に新八郎の妻の兄神谷鹿之助は、捜査の為お鯉を大奥へと侵入させる。

主人公新八郎はなかなかクールで強くてかっこいいのですが、なぜか印象が薄いです。
事件の鍵が大奥にあるため、お鯉の活躍の方が目立ってしまいますね。

新八郎は妻帯していますが、お鯉が離れしまってから、好きだったと気付きます。
お鯉もそうなのですが、お互い相手を心配しあい、互いに気を使って・・・・・・と言う感じです。
読んでいる間は謎解きが苦手な私でも、少しずつ謎が解けてきて、続きが気になる作品で一気に読んでしまいました。
しかしこの事件が、新八郎とお鯉にとってはターニングポイントになります。

▲上へ

はやぶさ新八御用帳(2) 江戸の海賊

おススメ度 7

講談社 文講談社文庫 1993年09月

降り出した雨の中、同心の高丸龍平と共にさくら茶屋に立ち寄った新八郎。
美しい娘達がいるのその店で寛いでいると、激しい雷が落ち、気付くと茶屋の女の死体があった。
更に最近橋の袂に奇妙な張り紙まであり、海賊までが現れ始める。

私は時代物の推理物が苦手です。現代物ならある程度予測がつくのですが、時代が古くなるだけで何故かちんぷんかんぷんになります。

ちんぷんかんぷんながらも今回も怪しいのはこの人物かな?と想像したり、でもその謎が分からない・・・・・・と、楽しみながら読めました。

途中幽霊船など、前回とは違った非現実的な事件もあり少し印象が変わります。
その印象が変わった筆頭はお鯉が出てこないからかも知れませんが。

一巻に続き、謎が解けていく様も、なるほど!と思える作品でした。

▲上へ

はやぶさ新八御用帳(3) 又右衛門の女房

おススメ度 7

講談社 文講談社文庫 1994年09月

「江戸の竜巻」
岡松八右衛門の跡取りが病死し、新八郎は妾腹の双子の息子のどちらがを引き取るので、その二人を品定めしてほしいと頼まれる。

「幽霊の敵討」
殺害を犯したため藩を逃亡してきた者がいると聞くが、その逃亡者が逆襲される恐れがあるため、かたき討ちの者達を捜すが・・・・・・

「狐斬り」
ある葬儀の手伝いをしていた新八郎は、美しい妻を伴った能楽師の森籐十郎と出会う。しかしその能楽師は殺されてしまう。

「河童」
船に酔いやすいため、船に乗る事を避けていた奥方が船から落ち死亡した。その奥方の父親がその死に疑問を持ち、調査を御奉行へと依頼する。

「狸の心中」
美しい妹を餌に、男達から金を巻き上げる藤井文五郎。しかし妹は体を病んでいた。

「又右衛門の女房」
江戸に地震が起こった。その際夫が先に逃げたという理由で離縁をしたいと言う娘に困った父親から、新八郎は仲立ちを頼まれるが・・・・・・

「江戸の水仙」
遠島から戻ってきた市五郎、彼は六年前に殺人を犯していた。そして娘達が女衒に追い回されている所に出くわすが、それは六年前と同じような光景だった。

「松平家の若殿」
突然行方知れずになった若君の捜索を頼まれた新八郎。しかしその若様は御内室の子ではなく、母親は女中で、若君を産んだ後、お暇を言い渡されていた。

今回は短編集です。二巻までの調子で読んでいたら、あれ?何か話が終わってる・・・・・・と思ってしまいました。一番最初の「江戸の竜巻」が兄弟の何とも言えない絆を書いていて面白かったです。
他には「狸の心中」も面白かったです。好きではなく、面白かった、なのですが。時々出てくる再登場のお鯉が、ピシッと味を効かせていました。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行