花田一三六 小説一覧

[戦塵外史]
野を馳せる風のごとく/八の弓、死鳥の矢大陸の嵐/豪兵伝/戦士の法/双帝興亡記

野を馳せる風のごとく 戦塵外史

おススメ度 7

ソフトバンククリエイティブ GA文庫 2006年10月

アバール大帝国は「魔王」とも評されるカルディア帝国の皇帝セヴェロスの侵攻により、王は自害し、国は滅んだ。
しかし、その息子であるダリウスは、風評でしか知らぬセヴェロスに会いに、二人の部下と共にカルディア軍を駆け抜ける。
その腕を見たセヴェロスは部下にと誘うが、すげなくダリウスは断る。ただし、戦のときに列に並ぶという事だけは承諾する。

ある時、ダリウスの内縁の妻アスティアが、亡国ガルアの皇女フィアナを連れてくる。
国を奪い返したいのではなく、一矢報いるため兵を挙げてほしいと頼むフィアナ。
ダリウスは二人の部下とアスティア、そしてフィアナと共に国を奪いに行く。

戦塵外史の1巻目です。
文章は硬いようであっさりしています。
歴史の編纂書に小説味を足したような感じだからか、他人称だからか。
何と言いいますか、大河ドラマの語り口調をそのまま文章にしたというか、自分がその歴史を調べてまとめました。という感じです。その書き方は独特ですので、かなり好みが分かれると思います。
きっと一国の重大事にかかわっているのでしょうけど、歴史の教科書を読むようにすっと流してる、ような気がします。
それが悪いのではなく、逆に面白い。 はまる方ははまります。この文章には中毒性があります。
ストーリー的にはどこかで読んだかもしれない気がする。という展開ですが、、何でしょう。人物の動かし方でしょうか、それとも設定でしょうか。全てが上手いのでしょうか。ちょい役で出てくる人まで、とにかく上手いのです。
読み始めると、一気に読める話です。このシリーズはどちらかと言いと男性向けですが、私でも十分楽しめます。

▲上へ

八の弓、死鳥の矢 戦塵外史2

おススメ度 7

ソフトバンククリエイティブ GA文庫 2007年02月

「八の弓、死鳥の矢」
弓を得意とする男。ある殺しの依頼を受けるが、その相手は幼い皇女だった。

「ルクソール退却戦」
1作目に登場したダリウスが登場。まだアバール大公国が存在していた頃の話。

「架橋」
長い間、傭兵に身を置き、「戦場の主」と呼ばれた男の話。

「いちばん長い夜」
セヴェロスの若い頃の話。ある伝令兵がカルディア国王の死を彼に伝える。その死が漏れる事を恐れたセヴェロスは、伝令兵イスワーンの命を狙う。

「ジェラルスタンの策士」
病により盲目となったジェラルスタンのエフタール王の補佐、フーシェと侍女リディスの話。

「策士の弟子」
フーシェに師事したセフィードと彼から見たフーシェとリディスの話。

戦塵外史の2作目です。1作目と世界観は同じですが、時代はバラバラです。
1作目の文体は相変わらずですが、短編な分前回が苦手だった方も読みやすいのではないでしょうか。
私はジェラルスタンの策士が好きですね、一番人間味があるからでしょうか。恋愛要素を含んでいるからかもしれません。二人の微妙さがいい、リディスが微笑ましくて笑えます。
他はある出来事をかなり客観的に見た書き方になっています。しかしこれがまた面白いです。

▲上へ

大陸の嵐 戦塵外史3

おススメ度 7

ソフトバンククリエイティブ GA文庫 2007年06月

ゼニツア、ルマイラ、ジェラルスタンの三国はカルディアの脅威に対し三国同盟を締結しようとする。
ゼニツア王国の密偵ディークはカルディアに潜入し、ラングと言う名前で若旦那を装っていたが、そこで大陸一の美貌を誇る遊女、セシリアと出会い色町に通う羽目になる。

やがてルマイラへ向かう事になったディークは、父を殺し母を奪った男に出会い、自分とセシリアのある事実を知ってしまう。
一方、三国同盟の締結は三国国境の山で行われる事となったが、カルディア兵がそこに迫っていた。

戦塵外史の3作目です。
時代はダリウスの頃です。
前回に登場したフーシェやリディスも出てきます。ルマイラ王国のルバートもいいですね。フーシェとリディス、この二人のノリが好きなので面白いですよと言いたい所ですが、ディークとセシリアの話がかなりドロドロとしているというか、生々しいです。
なので文章はちょっと普通の小説に近づいたかもしれません。三国同盟のあたりは相変わらずですが。このあたりを読んでいると、本当にこの話が歴史上にあったのではないかという錯覚に陥ります。

▲上へ

豪兵伝 戦塵外史4

おススメ度 7

ソフトバンククリエイティブ GA文庫 2007年11月

「人斬り」
富農の五男として生まれたファード、長男次男が大切にされた時代であったが、裕福であったので働き手としてでもなく、何不自由なく育てられた。
そのせいか多少屈折した少年だったが、剣には才能を示し、やがて領主の息子の従者となるが、留学先で姿を消す。

「豪兵伝」
身重の妻を残し徴兵されてしまった樵、妻の元へ帰るため必死で斧を振るうが、それが敵の目を引いてしまう。

「女人像奇談」
石工は漠然と石像を彫り始め、その石像に惹かれていく。そんな彼を案ずる婚約者は神官へその石像を魔性の像だと訴える。

「工房小話」
腕は確かな鍛冶屋のカイン、養父から自分の跡を継いでほしいと頼まれるが、人殺しの道具である剣を作るのが嫌でその決断は付かない。
ある日親方は、自分とカインの作る剣の違いを示してくれる。

「最後の仕事」
貧しい村に領主としてやってきたダガード、飢饉を克服するためある作物を研究するが、中央への租税が間に合わず苦悩す。

「導く女」
まだ女性の存在が軽んぜられていた時代。朴念仁、というか女性に対して不器用な王バルディール。後に「不敗の王」と呼ばれる男だが、二十歳の頃初めて敗走を経験し、ある女性の家へとたどり着く。

「轍の記」
エリシオという荷駄隊にいた男の話をつづったもの。

「農夫の剣」
戦乱が落ち着いた頃、傭兵シェンナは傭兵となるべくして生まれたような「先生」が傭兵をやめたと聞き、「先生」を訪ねるが、そこで「先生」から農夫になれといわれる。

戦塵外史の4作目です。
今回もどれも面白かったです、その中で「女人像奇談」は少し変わっていますね。今までにない系統です。
内容はあんまりここに書いてませんが、「轍の記」も面白かったです。「轍の記」は花田さんの独特の書き方の極みではないでしょうか。
「豪兵伝」は題名のわりにあったかい話です、とにかく奥さんが心配な愛妻家です。「農夫の剣」もいいですね、何と言うか心境の変化が上手く書かれてます。

▲上へ

戦士の法 戦塵外史5

おススメ度 7

ソフトバンククリエイティ ブGA文庫 2010年06月

「わたしの足手まといにならない者を、用心棒として雇いたい」
少女は口入屋で、腕は立つが無口な男を雇った。
互いを「小娘(シャール)」「大男(ガーヴ)」と呼び、シャールを狙う追手から逃げつつ目的の地を目指す。
その目的すらも少女は口にしないが、男は黙々と少女と同行する。

やがて二人の前に双剣使いのアルザーンが立ちふさがる、薬売りのゼシュトの助けもあり何度か逃亡に成功するシャール達。
決して自分を見捨てない男に、少女は本当の目的を告げるが、少女の逃亡劇には更に別の思惑が絡んでいた。

花田さん節です。作者が書いている通り古典的な手法で書かれており、今まで以上に読者の好き嫌いが分かれるのではないかと思います。

私は読み出したら止まらず一気に読み切ってしまいました。
単に逃亡劇ではなく、そこでシャールが「見た」事が重要なのです。
「剣術指導官」の娘という立場から見る傭兵の行動。それがこの「戦士の法」が作中にてピックアップされた原因なのかもと思います。

相変わらず大きな世界観のほんの片隅の出来事ですが、(といってもセヴェロスなど他の面々の名前も出てきますが)よくよく読めばこの名前はどこかで読んだ事がある。
と、シリーズを通して読んでいる人にはニヤリな小説です。ただ刊行スペースが遅いので、詳細を忘れてしまうのが難点ですが。

伝記を現代に訳しているという手法からか、全体的にコンパクトにまとまっているという印象を受けます。
最後の「解説」はドキドキして読みました。
シャールの目的の結果、そしてガーブの過去、読み応えの割に直ぐに読める上、これだけでも読めるので(基本的にこのシリーズはどこから読んでも大丈夫です)おススメです。

▲上へ

双帝興亡記 戦塵外史6

おススメ度 7

ソフトバンククリエイティブ GA文庫 2011年08月

前女皇帝アイーシアより帝位を禅譲されたヴァルキール。
しかし実際は自身の妹、アイーシアを北の果てに追いやっての事であった。

志高く、威厳と風格を備えつつあるヴァルキール。精力的に政務に取り組むが、ある時自分が臣下の手のひらにいる事に気づき、急速に情熱を失っていく。
やがて兵を挙げたアイーシアに追い詰められるヴァルキール。
傍には道化師とリーシェという少女がいたが、ヴァルキールについて書かれた書物の最後の一言は孤独であった。

今回の話は前半はヴァルキール、後半はアイーシアの物語です。
ヴァルキールのあらすじは上の通りですが、アイーシアの話は出来事を淡々と書いてあるヴァルキール編に比べれば、少し日常よりかなと思います。

不遇の状況から帝位を奪い返す、というある意味王道のストーリーとなっていますが、何度も書きますがやはり面白い。
ヴァルキールにしても、周りの人材と帝位に就く経緯さえ恵まれていればその情熱を持って良き皇帝になっただろうという人物であるだけに、最後の一文が心に響きます。

この巻が最終巻と言うのが凄く悔しいです。
この世界の話をまだ読みたい、続きをもっと読みたいと思わせてくれる作品でした。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行