フィリス・アイゼンシュタイン 小説一覧

[妖魔の騎士]
(上) (下)
[氷の城の乙女]
(上) (下)

妖魔の騎士(上)

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文庫 1983年08月

妖魔を操る魔法使いレジークは織姫デリヴェヴに求婚するが、慇懃に断られてしまう。
冷たい返答に自分を憎んでいると錯覚したレジークは、デリヴェヴの魔法から逃れるため、彼女の魔力を落とそうと下僕の妖魔ギルドラムを使い自分の子供を身ごもらせた。

しかし騎士メロールと名乗ったギルドラムとデリヴェヴは互いに愛し合うようになる。
だが妖魔であるギルドラムはレジークの支配から逃れる事は出来ず、レジークの元へと戻ってしまう。
一人残されたデリヴェヴは男の子を生み、クレイと名付けた。

成長していくクレイは、やがて自分の出生の秘密を知るため父の足跡をたどり始める。
騎士の格好をし、父の足跡を訪ねるクレイ、そこではクレイを愛しながらも捜索をやめさせようとするギルドラムが先々で先回りをしていた。

だがクレイの足を止める事は出来なかった。
途中で知り合った両目の色が違う乞食のセプウィンを連れ、やがてクレイは千里眼の魔法使いヘイレンを訪ねる。

実は先に「氷の城の乙女」を読んでいて、クレイの両親の不思議な関係が気になっていたので一気に読んでしまいました。

ギルドラムはレジークに仕えている間はほとんど少女の姿をしています。
しかし何かにつけデリヴェヴの住む城に行ったり、クレイを見守ったりと妖魔らしくない行動をとります、このあたりは心配性のお父さんですね。

そしてそれに全く気付かないデリヴェヴやクレイ、ある意味ギルドラムに振り回されながらクレイは妖魔が名乗った架空の父親を捜しに旅を続けます。何度も絶望を味わいながらもそれでも真実を捜すクレイ。

ここで出会うセプウィンとヘイレンは「氷の城の乙女」でも出てきますね。

そっちの方でも書きましたが、少し変わった定義の魔法と、文章の雰囲気からでしょうか?しっとりした印象の世界に入り込んでしまいます。
若干クレイの出生が何なのでお子さんには・・・・・・と思われる方もいるかもしれませんが、お勧めの小説です。

▲上へ

妖魔の騎士(下)

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文庫 1983年08月

父親を捜すクレイ、しかしその手段は絶たれてしまった。
ただ一つ方法があるとすれば、妖魔を支配し問い質すという方法だった。

騎士を目指していたクレイはそれを諦め、妖魔支配者となる決意をする。そして師匠となるべく人物を捜すが、名乗りを上げたのはクレイの父であるレジークであった。

クレイの存在を知ったレジークはますますデリヴェヴが自分に復讐をたくらんでいると考え、飼殺しにしようと画策していた。

そうとは知らないクレイはレジークの元へ弟子入りをするが、彼から教えられるのはほとんど役に立たない事ばかりであった。だが妖魔支配者となるべくクレイはそれに耐え続ける。

しかしやがてレジークが母のデリヴェヴを恐れている事を知ったクレイは、自分を自由にするかわりに妖魔支配の方法を教えると言うギルドラムの言葉を受け入れる。

クレイが二十歳になる頃、クレイはやっと妖魔の支配に成功する。

そして長年求め続けた答えを妖魔に問うが、それはレジークが父親と言う衝撃の言葉であった。

父親が誰かを知ったクレイはギルドラムの制止を振り切り、レジークの城を飛び出すが、クレイを殺すよう命令されたギルドラムと再び再会する。

もう一度レジークに対抗するというギルドラムとともに、クレイは魔界で修業を始めた。

とにかくギルドラムがいいです。
少女の姿で感傷的な言動に心が揺さぶられます。

とにかく自由がほしい。

レジークの支配のせいで真実が語れないギルドラムは、どれほどもどかしかったか。

でも読後は爽快です。

ギルドラムは少女の姿が多いので、どうしてもそのイメージが強いのですが(下の表紙がギルドラムの少女の姿なので)、セリフの一つ一つを見ればどことなく男らしいのではないかと思います。
それがアンバランスさを出していて、なかなかツボにはまりました。

壮大と言う意味では、この小説は他の小説に一歩も二歩も劣ると思いますが、何度も手に取りたくなる、という小説ではないでしょうか。

▲上へ

氷の城の乙女(上)

おススメ度 7

早川書房 ハヤカワ文庫 1997年07月

金属を支配する魔法使いクレイ・オルモル。彼は親友のフェルダー・セプィンと共に作った、見る者の心の望みを映す鏡に一人の少女を見た。
何年かのち、麗しい乙女へと成長したその少女を見たクレイは、彼女に会いに友人の妖魔達と旅に出る。

そしてたどり着いた場所は氷の城。その城で祖父により魔法使いの教育を受けている少女、アライザと対面を果たすクレイ。

彼女は城の外とは接触を持たず、人間界など外の世界の事にはまったく興味が無い。
クレイはそんな彼女に外の世界の事を話し、アライザを外の世界へと連れ出す。

彼女の祖父、エブランドはそれを心良く思わないが、彼女は少しずつ外の世界へ興味を持ち始めた。

あぁ、ファンタジーだな。と思いました。
特にドラゴンが出てくるでもなく、魔法合戦があるわけでもなく日常の世界観がファンタジーです。
のんびりとした感じで、魔法の定義が不思議です。主人公からして金属と織物をつかさどる魔法使いですし。

こういう雰囲気のファンタジーは久しぶりに読んだ気がします。どちらかと言うと、剣と魔法(魔法は無くてもいいですが)で戦ったりする冒険譚の方が好きなので。

けれど、ファンタジーの中にある恋愛物は嫌いじゃないのでこういう小説も好きです。ほのぼのファンタジーは苦手なのですが。その間の定義が難しいですけどね。

登場人物がそれほどいないせいか外国の本にしては人物が整理しやすく、内容も簡単なので読みやすかったです。
妖魔の騎士(上)(下)の続きですが、一応これのみでも読む事が出来ます。しかしクレイの両親の話が非常に気になります。何故か父親は妖魔なのです。
後日、妖魔の騎士を読んだのですが、そちらの方も面白いです。

▲上へ

氷の城の乙女(下)

おススメ度 7

早川書房 ハヤカワ文庫 1997年07月

度々アライザの元へ通うクレイは、ある時彼女を母が住むスピンウェブ城へと招待する。そして、彼女を見つけるきっかけとなった鏡を彼女が覗いた時、鏡はきらめく塵となり壊れてしまった。
その原因を調べるためフェルダー・セプウィンの師、ヘレインがアライザの秘密を読んでみると、彼女の魂は祖父エブランドにより盗まれていた。

今まで服従していた祖父にだんだん疑問を持つようになるアライザ。
クレイとフェルダー・セプウィンは彼女の魂を取り戻そうと行動を開始する。

頑ななアライザ、その原因は魂が無いからでした。無いままでもいいと言うアライザと、取り戻そうとちょっと強引なクレイ、読んでて楽しかったです。恋愛絡みの小説はこんな感じが好きです。べたべたなのはよほど作者の表現が上手くないと私はあまり読みません。

主人公が魔法使いなので、アライザの祖父と魔法対決が始まります。そのせいで途中からアライザの出番が少し減ります。

(上)は何週間かかけてゆっくり読みましたが、読み終わったらどうしても続きが気になって、2~3時間で(下)を読んでしまいました。

全体的に柔らかい感じの話でした。表現もやわらか。それでいて、クレイとアライザの遣り取りだけ、少しきつい感じでしょうか。読みにくいのではなく、応酬が快活です。

読みやすいので、妖魔の騎士に比べ内容的に小学生にもおススメな小説です。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行