デイヴィッド・エディングス 小説一覧

[ベルガリアード物語]
予言の守護者/蛇神の女王/竜神の高僧/魔術師の城塞/勝負の終り
[マロリオン物語]
西方の大君主

予言の守護者 ベルガリアード物語1

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文庫 2005年02月

〈アルダーの珠〉を巡り、遥か昔神々は争った。だが魔術師ベルガラスにより、アルダーより珠を奪った神トラクは破れ去る。そして、トラクは他の神々が去った後も一人世界に留まった。

奪還した者達の一人、リヴァは〈珠〉を剣の柄頭とし、その剣と共に〈珠〉を守る役目を負うこととなり、跡継ぎとしてリヴァの子孫の一世代に一人だけ、右の掌に〈珠〉のしるしを持つ子供が現れた。
そして魔術師ベルガラスと娘ポルポラは、トラクを見張り続けるため無限の歳月を生き続ける。

農園に暮らすガリオンはポルおばさんと平和な時を過ごしていた。しかし、マーゴ人の手が伸びつつあるのを感じたポルと語り部のミスター・ウルフは、ガリオンと鍛冶屋のダーニクと共に旅に出る。
途中バラクとシルクを仲間に加え、何者かを追うため国を回るミスター・ウルフ。
彼こそが何千年と生きる魔術師ベルガラスであり、ポルおばさんはその娘ポルポラであった。何も知らずにいたガリオンだが、彼の手にはあるしるしがあった。

ファンタジーです。王道の中の王道です。主人公が旅に出て、国々を回り。まるでRPGをプレイしているようでした。一つ目の国へ行き、王と会話をし、そこでの事件を解決し、次の国へ。これが繰り返されますが、その繰り返しを飽きさせない程に面白いし読み応えがあります。パーティーも徐々に増えていき、実はその面々も王家に連なっていたりと、これも王道を押さえています。
そしてなんといっても遥か昔の神々の争い、それが日本の神話のようで引き込まれます。更に、そこから派生する国々の広がり。誰が何人か?と言うので多少苦労しますが、人種の多ささえ乗り切れば人物も多い割りに整理しやすく、主人公達のメンバーも、性格がきっちりと分かれているので混乱することなく読めます。

まだまだこの巻では主人公は周りの存在が大きすぎて、埋もれてしまいがちですが、それで終わるわけがないと期待させてくれます。

キャラクターとしてはダーニクが良かったです。主人公の旅の仲間では唯一の一般人であり、ただの鍛冶屋が争いに巻き込まれていく辛さ、そして本人の善人さ、パーティーの癒しのように感じられます。
多少分厚いので読むのには時間がかかりますが、時間をかける価値はあると思います。
この分厚い1冊にそれ以上の話が盛り込まれているように感じ、とても読み応えがあります。ポルおばさんの変わりようも面白いですし、おススメです。

▲上へ

蛇神の女王 ベルガリアード物語2

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文庫 2005年03月

ベルガラス達が追うのは、リヴァの後継者しか触れることの出来ないはずの〈アルダーの珠〉だった。

レルドリン、マンドラレン、そしてトルネドラの王女セ・ネドラを加え〈珠〉を奪った魔術師ゼダーを追うガリオン達。その旅の途中、両親の仇アシャラクに捕まったガリオンは、内なる声に導かれ〈意志〉と〈言葉〉によりチャンダー(アシャラク)を炎で焼き殺してしまう。
そしてポルガラはガリオンの事をベルガリオンと呼んだ。

何も知らないガリオンだが、〈予言〉は確実に実現へと向かっている。

ヒロイン登場でしょうか?少しきつすぎる性格ですね、王女なのでわがままですし。
仲間も増えたり、減ったり。すぐに抜けてしまう人もいて残念です。抜けてしまった人、結構好きなキャラだったのですが。
そしてガリオンの力も徐々に目覚め始めていきます。しかしガリオンはまだまだその力が恐ろしく、その力から逃げています。
物語りもだんだんと確信へと迫っていきます。更に登場人物も増え、この王様はどこの国の人?と悩み始めてしまいました。この本は本当にいろんな出身地の仲間がいるので、繋がりを整理していたらもっと面白いはずと、必死に覚えながら読んでいます。
仲が悪いのかと思いきや、微妙なバランスで成り立っているパーティー、仲間の会話も面白い。結構辛らつな言い争いなどもあり、読んでいて面白いです。

▲上へ

竜神の高僧 ベルガリアード物語3

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文庫 2005年04月

ガリオンの中に住まう声により、ガリオンは自分の運命を知る。
新たにレルグが仲間に加わるが、セ・ネドラはプロルグへ残る事となった。

〈珠〉を持つクトゥーチクを追いかけクトル・マーゴスを目指すガリオン達。そこでマラゴー人のタイバ、そして〈珠〉に触れることの出来る少年エランドと出会う。

〈アルダーの珠〉を賭けベルガラスはクトゥーチクに戦いを挑む。

〈アルダーの珠〉奪還はこの巻で完結ですが、まだ旅は続きますけ。
ダーニクとポルガラの微妙な関係が良い、ガリオンとセ・ネドラより好きです。
ガリオンの中の声もだんだんと確信をついてきます、しかしまだその正体は明かされません、ポルガラ達は分かっているようですが。
メンバーの出入りが、本当にゲームのようで面白いです。またメンバーも増えますが、レルグはこれがまたすごい性格ですね、よくある性格でもありますが。
本を読みながらも次の巻を早く読みたい欲求にかられるのですが、そうはさせない本の厚さで(3巻目は500Pくらいですけれど)この読み応えがたまりません。手に持った時の本の重みだけで幸せです。

▲上へ

魔術師の城塞 ベルガリアード物語4

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文庫 2005年05月

〈アルダーの珠〉を取り返し、リヴァへと向かうガリオン達。しかしベルガラスはクトゥーチクとの戦いにより激しく消耗していた。
リヴァの王座にてエランドより〈アルダーの珠〉を渡されるガリオン、彼こそリヴァの王であった。

これでガリオンの役目は終わったかに見えたが、邪神トラクも目覚めようとしていた。それに気づいたガリオンはシルクとベルガラスと共に、婚約者のセ・ネドラたちを残し、再び旅に出る。

ガリオンがシルクとベルガラスだけを連れて旅立った後の、ポルガラの切れっぷりが面白い。セ・ネドラはわがままっぷりが増してますね、私としては少々うっとおしいです、そんなセ・ネドラを愛するガリオンの心の広さに感服です。ガリオンも負けずに言い返す時もありますが、そのあたりはポルおばさんの血のせいでしょうか?

分かれた仲間とも再会し、皆が見守る中〈アルダーの珠〉を手にした主人公はリヴァの王となります。
本当にファンタジーです、ファンタジーの定番かもしれませんが、一介の皿洗いの少年が王となる、わくわくします。
そして再び1巻のように邪神クトラを目指し旅が始まります。残されたセ・ネドラたちも兵を率いてクトル・マーゴスを目指します。

▲上へ

勝負の終り ベルガリアード物語5

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文庫 2005年06月

セ・ネドラは各国を回り軍を集め、戦争へと身を投じるが、マロリー帝国の皇帝ザカーズにポルガラ、ダーニク、エランドと共に捕らえられマロリーへと攫われる。
同じくマロリーに到着したガリオンはリヴァ王の剣を手にトラクへと立ち向かう。

二つの予言のうちの一つが実現されようとしていた。

第一部完結です。いよいよトラクとの対決ですが、3巻までに比べ4、5巻は少し恋愛調ですね、色々と年貢の納め時の方がいらっしゃいます。基本的に登場人物には結婚して幸せになってほしいので、私としては満足な結果です。
ただ王様達が入り乱れるので、どこの国の王様で、王妃はダレだっけ?とまた多少混乱しました。しっかり覚えていないと少し辛いです。
途中まで戦争が続きます、どちらかと言うと今までは主人公達少人数で敵を切り抜けてきましたが、今回は軍と軍との戦いです。それまでとは違う団体戦なので新鮮ですが、そこにガリオンは参戦しません。

最後まで一気に読める本でした、分厚く読み応えもありますが、その分値段も高いです。
それでも読む価値のある本だと思います。ただ表紙がきれいすぎるでしょうか。もう少し泥臭さのある絵でも良かったのではないかと、個人的には思います(旧版もありますが)

あまり書くと結末が分かってしまいますが、ご都合主義だと言われ様が、登場人物には幸せになってほしいので、結末には大満足です。
ですが、それで終わりではないのは第二部がある事から分かると思います。最後まで勢いが衰えず、外国のファンタジーの面白さに目からウロコの作品でした。

▲上へ

西方の大君主 マロリオン物語1

おススメ度 8

早川書房 ハヤカワ文 庫2006年01月

邪神トラクを倒したガリオン達はそれぞれの暮らしへと戻っていった。
ポルガラとダーニクもエランドを連れて谷で暮らし始め、ガリオンはセ・ネドラと共に王としてリヴァを治めていた。

なかなか世継ぎが出来ない事で悩むガリオン、やっと待望の子供が生まれるが、その子供は何者かに攫われてしまう。

新たな予言を目にするガリオン、再び騒乱の中に巻き込まれていく。

ベルガリアード物語の第2部です。
爆笑しました。いえ、話はいつもどおり面白かったのです。ただ爆笑する場面があちこちにあったというだけです。一瞬路線変更したのかと思いました。
ガリオンもすっかり大人になりました。王としての生活が身についてきてますね、もうあの皿洗いの少年の影も薄くなりました。本当はガリオンではなく、名前もベルガリオンと書くべきなのでしょう。
しかし、ガリオンには色々と相談事が持ち込まれるようですが、一体どうした?何があったんだ?というくらい、ものすごい解決の仕方をしてます。
そして、子供が生まれることに喜ぶガリオン。父親のあわてっぷりは、日本だろうと外国だろうとファンタジーだろうと変わりません、それがコミカルで大爆笑でした。

そんな大爆笑もありながら、再びトラクとの対決が終わった後の予言が出てきます。
ですが、この1巻目ではあまりにドタバタに爆笑してしまったため、その影に隠れてしまいそうです。大人になったガリオンの新しい旅です、旧メンバーも勿論出てきます。

そして何より、とうとうポルガラが結婚です。ダーニクも魔術が使えるようになったはいいが、その使い時がツボをついてて面白い。でもいい旦那さんです、魔術が使えるようになったおかげで、第1部のただの人から一躍魔術戦力に昇格です。

第1部に負けない勢いがあります。第2部も読み応えがありそうです。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行