綾乃なつき 小説一覧

[月影のソムル]
月影のソムル/残夢/浄化/千夜の果て

月影のソムル

おススメ度 6

集英社 コバルト文庫 1994年03月

銀髪の吟遊詩人の少年は、つい足を踏み入れてしまった旧街道で盗賊に襲われた。
助けてくれたのは赤毛の少女剣士ヴィラローザ。
ヴィラローザは助けた謝礼を少年に求めるが、少年はすっからかんで、町に行けば稼ぐ手があるからと一緒にファルーカへと向かう事になる。
少年に名前を聞くが自分で適当につけた名前しかない少年、今ひとつしっくりこないその名前に、ヴィラローザは少年にシルヴィと名前を付ける。
途切れがちな旧街道で道を探すヴィラローザを待つ間、竪琴を調律するシルヴィ。せっかくだから一曲弾けと戻ってきたヴィラローザの言葉に、妙な事が続くからと、渋るシルヴィ。しかし結局押し切られ、ファルーカの月影祭の歌を弾き始めると、ヴィラローザは周りの風景に幻を見た。
幻を呼び込む呪力を持った歌、幻影詩(ソムル)を歌う事の出来る者をソムラーダと言う。数十年に一人出るか否かという存在に驚くヴィラローザ。

再びファルーカを目指す二人を霧が包み、化け物に襲われる。二人は竪琴を弾いたせいで幻の中に迷い込んでしまっていた。
更に二人は化け物に追い詰められ、崖から落ちてしまった。

目的地であるファルーカで再会した二人だったが、そこは四百年以上前のファルーカだった。

少女小説です。展開・挿絵・登場人物、どっぷり少女小説で、今読むとちょっと恥ずかしいくらいです。
でもこの小説が発売された当時は、こういう小説をいやと言うほど読んでいました。何冊か少女小説は手放しましたが、これは手放せません。
どちらかと言うと見た目の女性的な顔に反し、シルヴィの方が押せ押せな感じな所が好きです。
吟遊詩人で銀髪の美少年のシルヴィと、剣は滅法強いが、幽霊の類は滅法苦手なヴィラ。
物語の始まりは多少ありきたりな展開ですが、だからこそ面白い。
ストーリー自体は王家の陰謀などが絡んできて、中々ドロドロしています。それでも少女小説の域を出る事はありませんが。

雰囲気、挿絵、少女小説の手本のような感じです。
この「少女小説っぽさ」が当時の私はたまらなく好きでした。

▲上へ

残夢 月影のソムル2

おススメ度 6

集英社 コバルト文庫 1995年04月

もうすぐ皆既日食が起こると聞いたヴィラローザだが、魔物が横行するかもしれない中、旅を続ける事を選ぶ。
しかし、その途中ヴィラローザがベルシアに神子姫をしていた頃の知り合いに出会い、付近に出没する魔物が増えたため奉納舞をして欲しいと頼まれる。結局魔物を退治したヴィラローザは、魔物の賞金を貰うためドレーニへと向かうが、そのドレーニでヴィラローザは自分に剣を教え、憧れの人物だったハーディを見かける。

魔物の賞金を懸けていたアルゴより、勇者シグルトの墓を守る一族から、その墓の場所を聞いて欲しいと頼まれるが、ヴィラローザはきっぱりと断る。

その一族のレダと老婆の元で世話になっていたシルヴィ、彼女達はある印を持つ人物を探していた。

ヴィラローザはアルゴが強硬手段に出たときの用心棒として、実際はどうしても町で見かけた人物がハーディかどうか確かめたく、シルヴィと共にレダたちの元に留まる事にした。

シルヴィが見た目どおりの美少年的な性格ではないのが、だんだん分かってきます。
しかしハーディの美形な事、本当に少女小説に出てくる典型的な美青年です。そしてお決まりの三角関係。
それが結構はまります。

▲上へ

浄化(カタルシス) 月影のソムル3

おススメ度 6

集英社 コバルト文庫 1996年03月

「魔」に染まったハーディを探すため、シルヴィと共に西へ向かうヴィラローザ。
途中シルヴィが暮らしていた小屋へと立ち寄るが、シルヴィは自分を拾い育ててくれた祖父の墓が思い出せない。そればかりでなく、シルヴィには12歳以前の記憶もなかった。

そしてロシュと言う少年と出会うが、「月の船」を盗まられてしまう。その少年を追うためデーレへと向かうが、そこでシルヴィは死んだはずの祖父と再開する。

シグルトであった魂を持つヴィラローザ、そして祖父より「魔」を滅ぼすとされるアスローンの力を宿していると聞かされたシルヴィ。

一方、マグダレナ王国ではエメリア王女が「魔」の塔の封印を解こうとしていた。

完結とあとがきに書いてありますが、まだあと一冊続きます。が、一連の騒動はここで完結です。
三巻という短さですが、物語に勇み足はそれほど感じられません。全体的にはよくまとめたなという感じです。もう少し巻数が多くても良かったのではないかとも思います。
自分の力を知ったシルヴィやヴィラローザに、もう少しその力を使った旅があったも良かったのではないでしょうか。

ですが、ファンタジーが好きな方には今ひとつ物足りないでしょうが、恋愛物を求めている方には十分満足な作品だと思います。
ライトノベルを読み始めた女の子、におすすめしたいところですが、少しアダルトな感じもします。全体的な少女小説という印象とその少し大人向けのバランスが、私がこの小説を手放せない一つの原因です。

▲上へ

千夜の果て 月影のソムル4

おススメ度 6

集英社 コバルト文庫 1996年12月

深い霧の中迷ったシルヴィは、ポーシャム城のカローン伯爵、オズルに助けられる。
下心のあるオズルの元から何とか逃げ出そうとするが、何故か城の周りに結界があり、シルヴィは城を抜け出すことが出来ない。
シルヴィに執着するオズルは、助けに来たヴィラローザに城に巣くう魔物を退治すれば、シルヴィを帰すと約束する。

そしてシルヴィとヴィラローザは城に現れる幽霊の話を聞き、調査を始める。

前巻で完結、と書かれながら続きが出た一冊です。個人的にはとても嬉しかったです。
前巻の挿絵より美少年度が増しているシルヴィですが、今回は今まで以上に押せ押せモードです。何とかしてヴィラに手を出そうとするのが微笑ましいです。また見た目とのギャップも楽しいです。
ヴィラの方もオズルに迫られるシルヴィに対し、「私の男に手を出すな」と一言。かっこいいですね、言う機会など絶対ありませんが、言ってみたいものです。それにオズルにキスされたシルヴィに消毒と称してキスしてあげるあたり、とてもかわいいです。

月影のソムルは、霧の印象が強いですね。幻を見せる事もそうですが、霧に迷ったりと何かと迷子になっている気がします。

シルヴィとヴィラの夫婦漫才な感じなど、事件はやはり今までのような感じですが、若干雰囲気が変わっていて面白いです。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行