雨木シュウスケ 小説一覧

[鋼殻のレギオス]
鋼殻のレギオス/サイレント・トーク/センチメンタル・ヴォイス/コンフィデンシャル・コール/エモーショナル・ハウル/レッド・ノクターン/ホワイト・オペラ/ミキシング・ノート/ブルー・マズルカ/コンプレックス・デイズ

鋼殻のレギオス

おススメ度 5

富士見書 房富士見ファンタジア文庫 2006年03月

地表は乾ききった赤い大地となり、人はそこでは生きる事は出来ず、昔の錬金術師達が自意識を与えた自立型移動都市(レギオス)で暮らしていた。 レギオスの周りを覆うエアフィルターがないと人々は呼吸すらできず、外へ出ると5分もすれば死んでしまう。都市は外の汚染大気から守るだけではなく、汚染獣からも逃げる術を心得ており、都市の動力源であるセルニウム鉱石を巡りつつ地表を移動していた。
都市の形態も様々あり、学生達だけの学園都市も存在する。
そのうちの一つツェルニに、幼馴染のリーリンと別れ槍殻都市グレンダンを追放されたレイフォン・アルセイフが一般生徒として入学した。

レイフォンはグレンダンで、最も武芸に優れた十二人に授けられる称号「天剣授受者」の一人だったが、自ら育った孤児院のため賭け試合に手を出し、その座を追われていた。

入学早々騒いだ学生を伸してしまったため、レイフォンが天剣授受者だと知っていた生徒会長のカリアン・ロスに呼び出され、武芸科への転科を言い渡される。

学園都市では2年に一度武芸大会が行われる。それは都市の縄張り争いでもあり、敗れた方はセルニウム鉱山を一つ奪われてしまい、ツェルニでは三つあった鉱山が一つへと減っていた。

レイフォンは武芸科へ転科した上、隊長である二本の錬金鋼(ダイト)を操るニーナ・アントーク、狙撃手のシャーニッド・エリプトン、念威操者であり生徒会長の妹のフェリ・ロスに天剣授受者と言うことを隠しながら小隊に強制加入させられる。小隊とは幹部候補生であり、武芸大会では指令部の下の指揮隊として、さらにその下の一般武芸科を配下に置く立場にあった。

武芸者とは剄を使える人の事であり、外部に直接的なダメージを与える外力系衝剄、肉体を強化する内力系活剄に主に分けられ、このほかに念威という、訓練だけでは会得できない本当の意味で選ばれた限定的な能力がある。

給料が良い機関部の清掃を選んでいたニーナ、転科した事により、授業料などの心配は要らなくなったが、深夜のバイトを続けるレイフォン。その前に光る発光体の子供が現れる、その少女はレイフォンが始めて見た都市の意識だった。

実力はあるのだが、自分の能力を嫌うフェリや、本気を出さないレイフォンにより、第十七小隊は低迷する。しかし、ある時レイフォンはつい相手を圧倒してしまう。今まで本気を出さず、実力を知れなかった事に落ち込むニーナ。

しかし、ツェルニに汚染獣の母体の巣を踏み抜いたため都震が起ここる。
千を越す汚染獣の幼生に襲われるツェルニ、小隊や武芸科の生徒は迎撃に出た。
成体は汚染物質で生きていけるが、幼生は人を食べてしまう。

ニーナたちが苦戦する中、レイフォンは一人、幼生と母体に向かった。

買ったきっかけは、あらすじが面白そうだと思ったからです。飛びぬけて強い主人公って惹かれます。

ただ、主人公が若く感じられました。言葉遣い一つ取ってみても若いなと。最近の子という感じです。時々ボソッとつぶやく一言がなんとなく今時に感じました。

そして、剄の説明などが流れで書いてあるので、理解はできるんだけど、どんなもの?と、もう少し説明をさいてもいいのじゃないかと思いました。ちなみに錬金鋼(ダイト)とは剄を走らせることにより武器に復元できます。
私も分かりにくかったので、自分の整理の為内容は説明的な部分が多いです。あと登場人物も多いです。1巻目はまだ少ないですが、この先で少し人物整理に詰まりました。3巻目からは人物紹介が載ってますが。

どちらかというと、戦闘物にしては淡々とした印象でした。

▲上へ

サイレント・トーク 鋼殻のレギオス2

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2006年05月

レイフォンが汚染獣との戦いで使った鋼糸、それを使用すれば勝負にならないため、普通の試合では禁じられ、レイフォンのため新たな錬金鋼(ダイト)を作り始めるハーレイ。
シャーニッドも銃を使った接近戦を想定し、錬金鋼(ダイト)を作る。
学園を守りたいというニーナに賛同し、レイフォンはそれなりに本気で戦う事を決めた。

レイフォンは生徒会長のカリアンに呼ばれ、ツェルニの探査機が進行方向に汚染獣を発見した事を告げられる。脱皮しながら強くなる汚染獣だが、その汚染獣は一期や二期の状態ではなかった。

小隊の隊長である二―ナは汚染獣などの戦いでレイフォンの強さを知ったが、ニーナの望む武芸大会でツェルニを勝利に導く強いチームになれないことに悩む。レイフォンが強いだけでは勝てない、どうすればよいのか悩む末、自分を鍛錬する事に固執する。

いつも訓練の後にレイフォンと二人で行っていた訓練もやめ、一人訓練を続けるニーナは剄脈の過労で倒れてしまう。

汚染獣はすぐそこに迫っており、レイフォンはフェリ以外には黙って一人で戦いに行く。

今回は少しドタバタ的です。リーリンからの手紙がメイシェン→フェリ→ニーナとめぐり、昔の少女マンガな感じがしました。
といって男性陣が引くほど少女マンガ的な小説ではないので、どちらかと言うと男性(少年?)向けでしょう。

ニーナの本音などが徐々に出てきており、少しずつ十七小隊も良い方向へ変わってきます。

▲上へ

センチメンタル・ヴォイス 鋼殻のレギオス3

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2006年07月

学校でリーリンはレイフォンに関する話があると言われ、声をかけられる。その二人は天剣授受者のサヴァリス・ルッケンスとリンテンス・ハーデンだった。
二人は一方的にリーリンを守ると告げる。
事実、リーリンはレイフォンがグレンダンを出るきっかけとなったガラハド・バレーンに襲われる。剄脈が機能不全を起こし、植物状態だったはずのガラハドは新種の汚染獣に寄生されていた。

レイフォンは第五小隊と試合を行っていた。その小隊の隊長ゴルネオ・ルッケンスはサヴァリス・ルッケンスの弟で、同門であったガラハドを尊敬しており、ガラハドを再起不能にしたレイフォンを憎んでいた。

カリアンは、ツェルニのセルニウム鉱山の近くに、汚染獣に襲われ破壊された都市の調査に、第五小隊と第十七小隊を派遣する。

都市に入ったレイフォンたちだが、誰かが片付けたように死体が一つもなく、全滅したはずの都市で、死体は農場に葬られていた。
その都市でレイフォンは黄金色の牡山羊に出会う。

調査を続ける中、ガラハドが面倒を見ていたシャンテ・ライテがレイフォンを襲った。

今回はグレンダンサイドの話も長いです。サヴァリスが結構いい性格をしてますね。個人的にレイフォンの孤児院の元園長のデルク・サイハーデンが良かったです。

新種の汚染獣や、黄金色の牡山羊など物語が広がりを見せ始めていますが、これから先が多少話がややこしく感じられてきます。

▲上へ

コンフィデンシャル・コール 鋼殻のレギオス4

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2006年10月

シャーニッドは第十七小隊に入る前、第十小隊の隊員として、同じ学年のディン・ディーやダルシェナ・シェ・マテルナと共に、第一小隊に匹敵するチームワークを見せていたが、シャーニッドが抜けた事でバランスは崩れ、第十小隊は中堅へと落ちていた。

武芸の道以外の道を、ツェルニの窮状を救った後で探しても遅くはないと考えるようになったレイフォン。今度は偽造学生の鎮圧に借り出されるが、服用するとほぼ廃人となる違法酒、剄脈加速薬「ディジー」の密売を絡んでいた。

レイフォンはそこでグレンダン出身者で構成される、サリンバン教導傭兵団の三代目団長ハイア・サリンバン・ライアと対決するが、取り逃してしまう。彼は違法酒には興味なく、廃貴族と呼ばれるものの捕獲にツェルニを訪れていた。

廃貴族とは壊れた都市が生む狂える力、都市を失ってもなお存在する電子精霊であった。

違法酒を手にしているのが、小隊の隊員だと絞った都市警は捜査のため、一度ニーナにスカウトされていたナルキを第十七小隊へと入隊させる。

容疑者の一人は第十小隊のディンだった。

レイフォンは前回の戦いで錬金鋼を壊していたため、また新しい錬金鋼を作っていたが、複合錬金鋼の開発者キリク・セロンは刀の形に仕上げてしまう。レイフォンは天剣授受者となった時に刀は握らないと決めていたが、違法酒事件解決のために、もう一度刀を手にする。

そして第十小隊との対抗試合、第十七小隊の勝利で決着がついたと思われた時、黄金色の牡山羊が現れディンに乗り移った。

今回は汚染獣との戦いもなく、都市内での戦闘に限られます。リーリンも孤児院の元園長デルクからレイフォンに渡すよう錬金鋼を託され、直接渡しに行こうか悩んでます。王女の正体に気づいていないのはお約束でしょうか。

レイフォンが活躍するには違いありませんが、汚染獣がいないため学園物の印象が強い巻でした。

▲上へ

エモーショナル・ハウル 鋼殻のレギオス5

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2007年01月

ナルキが正式に第十七小隊に入り、ニーナは以前から考えていた合宿を計画する。
レイフォンは、ナルキと料理担当として参加したメイシェンに自分の過去を話すが、直後に足場が崩れ、重症を負ってしまう。

第一小隊との対抗試合が迫っていたが、レイフォンが参加できないため、自分の小隊が解散していたダルシェナがレイフォンの代理として参加する。

一方ツェルニは再び汚染獣に接近しようとしていた。前回の戦いの後、入院したままだったハイアと共にレイフォンは汚染獣との戦いに向かう。

都市は滅びの気配を撒き続ける廃棄族のためか、まるで自ら汚染獣の中に飛び込むように暴走を始めていた。
そしてニーナは黄金色の牡山羊と出会う。

一方リーリンはレイフォンに会うため、グレンダンを出発した。

第十七小隊が戦力的に充実してきます、ダルシェナが入った時は意外にあっさりだったのでちょっとびっくりしました。拒否するのかなと思っていたので。

レイフォンが第十七小隊のメンバーを信頼してきているのがわかります。頑なに一人で戦い続けていたのに、汚染獣との戦いに小隊がくる事を拒まなくなりました。

前半がちょっとほのぼのな感じですね、戦闘物の日常生活ってちょっと笑えます。

▲上へ

レッド・ノクターン 鋼殻のレギオス6

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2007年05月

ニーナが行方不明になり、そのきっかけを作ってしまったレイフォンは自分を責め、汚染獣に向かい突進する都市で、レイフォンはひたすらに戦い続ける。

リーリンはサヴァリスと共にグレンダンを目指すが、途中マイアスという学園都市で、窃盗事件があったため都市警察に身柄を拘束される。錬金鋼も没収され、宿泊施設で事件解決を待つが、そこにグレンダンで行方不明になったニーナが現れた。
更に学園都市マイアスは足を止めていた。盗まれたのは電子精霊だったのだ。リーリンは電子精霊を見つけるが、都市警察のロイに追い詰められる。そして足を止めていたため学園都市マイアスは汚染獣に見つかってしまう。

戦う理由をニーナに預けていたレイフォンは暴走気味に戦い続けていたが、フェリは倒れ、レイフォンも強制的に休息を取らされる。しかしグレンダンに人語を操る汚染獣が現れた。
カリアンとレイフォンはその汚染獣の呼び出しに応じ、都市から出るが、汚染獣に導かれた先で、赤い大地しかないはずの地に滝を見つける。
機械的な会話の汚染獣に、レイフォンは汚染獣は人類の作った機械が汚染物質によって変化しものではないかと推測する。

グレンダンへと戻る途中、別の汚染獣に襲われる二人。やっとグレンダンにたどり着いた時、そこにはニーナが待っていた。

学園物が入っている割に淡々とした感じが抜けきれませんでしたが、今回のロイの出現でグッと熱さが増したのではないでしょうか?今までの登場人物が、色々恨みなどがあっても基本的に良い人を抜けきれなかった感があり、プラスの人物しか出てこないという印象がありました。それがマイナスの人間が出てきたことにより、物語が引き締まったと思います。

ただ、ニーナの行方不明の末の行動がよく理解できませんでした。廃貴族に何かをさせられているのだとは思うのですが、急にまったく知らない人物や名称が出てきたり、物事の説明も後になってようやく出てくるか、なし、と言う状態。
1巻目の剄の唐突さと似ていますが、せっかくロイの出現で物語が良くなったのに残念だと思いました。この説明さえされていればおススメ度を6にしたかった巻です。

▲上へ

ホワイト・オペラ 鋼殻のレギオス7

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2007年10月

ツエルニに戻ったニーナだが、皆を廃貴族の事に巻き込むのを恐れ、失踪していた間の全てを話せないままでいた。

都市戦に向け、本格的な演習に入ったツェルニ、その中サリンバン教導傭兵団の団長ハイアは傭兵団の目的が達成され、傭兵団がなくなる可能性を前にレイフォンと戦う方法を模索し、マイアスとの都市戦を控えている最中、ハイアはフェリを攫いレイフォンとの戦いを望む。
ツェルニはレイフォンが参戦できないままマイアスとの試合が始まった。
そしてリーリンとサヴァリスはその戦闘の最中ツェルニへと進入する。

やっとリーリンがツェルニに到着します。到着するまで長いのはヒロイン(?)のお約束でしょうか?
いよいよ都市戦ですが、今まで温められていたわりにはあっさりと終わります。
メインがこれではないからでしょう。
ニーナが全てを話さない事で、フェリがまた一人で悩んでしまいます。このあたりレイフォンと良い勝負です、逆にレイフォンはニーナがいるだけで余裕があるように見えます。
このニーナ依存はずっと言われていますが、それは今回も変わらずです。
やっとニーナとフェリとリーリンが顔合わせ、レイフォンを取り巻く女性が勢ぞろいです。

▲上へ

ミキシング・ノート 鋼殻のレギオス8

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2008年03月

やっとレイフォンに会えたリーリンだが、レイフォンはハイアとの闘いの傷で入院してしまう。目が覚めて早々リーリンはレイフォンの周りの女性について問いただし始めた。

「クール・イン・ザ・カフェ」
情報誌を読んでいた所をシャーニッドに見つかり、彼に紹介されたカフェで仕事を始めるフェリ。そこはシャーニッドが紹介しただけあり、制服がピンクのフリフリという店だった。
しかしそのあたりはその手の店が密集しており、成績不振の店は他の店に吸収されることになっていた。店の売り上げを上げているフェリを何者かが陥れようとする。

「ダイアモンド・パッション」
金剛剄をレイフォンより教えてもらうニーナ。
寮では、以前大切なぬいぐるみのミーテッシャをめちゃくちゃにされてから、どうにもニーナの苦手なフェレットを飼う事になってしまった。
荷物持ちのため、ともにニーナの寮へと来たレイフォンだが、ニーナはぬいぐるみのミーテッシャがいないことに気づく。
フェレットのせいだと見境をなくすニーナにレイフォンは一撃を見舞うが、完璧に入ったはずの一撃にも関わらずニーナは立ち上がった。

「イノセンス・ワンダー」
天剣授受者と言う言葉の意味を知るため、ミィフィはナルキとメイシェンを連れて、小隊を取材の口実で尋ね回る。

「なにごともないその日」
レイフォンが天剣授受者になって間もない頃、レイフォンに天剣授受者を奪われたと思っているミンス・ユーとノールは女王アルシェイラの暗殺を企む。

短編集です。8巻目と書いてありますが、富士見ファンタジアによくある外伝的な感じです。
なので、内容も少し本編からそれた感じでしょうか。「クール・イン・ザ・カフェ」と「ダイアモンド・パッション」は狙った感があるので、あまり好きではありません。まあ、なんだかんだと言いながらフェリの働く様子を剄で見ているレイフォンやら、ぬいぐるみがないことの怒りから金剛剄を習得したニーナに脱力するレイフォンはそれなりに笑えます。
絵もギャグが入ってます。

とりあえず、話的には「なにごともないその日」が一番面白かったでしょうか。リンテンスの生活などが分かって、いまいち性格を掴み難い人でしたが、その性格を垣間見れた気がします。他の天剣授受者も色々と出てきて面白かったです。

▲上へ

ブルー・マズルカ 鋼殻のレギオス9

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2008年06月

リーリンがツェルニに着てから三ヶ月、リーリンはツェルニに短期留学する事になった。
息抜きに皆でプールに行った帰り、リーリンはやっと養父から預かった刀の錬金鋼をレオフォンに渡そうとするが、レイフォンはそれを拒否する。
過去を吹っ切れないレイフォンだが、養父デレクに許してもらえてると実感したとき、もう一度その錬金鋼を手にする事を決める。

グレンダンではアルシェイラが、リーリンに王家が真に継がなくてはいけないものが現れていることに動揺していた。

ツェルニではファルニールとの都市戦が始まっていたが、その最中に汚染獣に襲われる。
レイフォンの変わりに、都市の中にいるリーリンを必死で守るニーナに力を授けると声が聞こえたとき、ニーナの顔は仮面に覆われた。

どうしても狼面衆あたりが飲み込めません。しっかり読み返したはずなのですが、このあたりの分かりづらさが、この小説の欠点かも知れません。
ただ、私の理解が悪いだけなのでしょうけど。
レイフォンにリーリンを守ると約束したニーナの戦いが切ないです。感情表現が苦手な人って好きなので、もう少し報われて欲しいです。

▲上へ

コンプレックス・デイズ 鋼殻のレギオス10

おススメ度 5

富士見書房 富士見ファンタジア文庫 2008年09月

バンアレン・デイという気になる異性にお菓子を上げる特別な日。
友達に無理やりチョコを買いに行こうと誘われるニーナを見て、フェリは一念発起してお菓子作りに挑戦する。
都市警のバイトをしていたレイフォンに何とか渡すが、ゴルネオを探して欲しいと頼まれ、見つけて見ると、ゴルネオは異様な格好をしていた。

バンアレン・デイに盛り上がる都市、そこでハトシアの実の盗難未遂事件が起きる。犯人がシャンテだと気づいたレイフォンたちは、おとり作戦を使う。
シャンテがハトシアの実を狙うのは獣に育てられた環境のせいだった。

一人寮を出たニーナはディクセリオ・マスケインというツェルニの元学生に出会う。
ディックから電子聖霊にあわせて欲しいと頼まれ案内するが、そこに獣の面を被った集団が立ちはだかる。

今回は短編集です。
何に驚いたといえば、ゴルネオでしょう。どう考えても襲われにくそうなのに、受難と言うか、災難と言うか、それに付随する誤解にも同情します。
さすがに襲われたゴルネオの半裸はあまり見たくはないですね。
フェリの料理の味見をするカリアンも、ベタな展開ですが笑えます。

と、こんな短編が続くのかと思いきや、後半は普通のストーリーに戻っていました。
そろそろ本当に話がよく分からなくなってきてます。
人物はそれほど出ていませんが、情報が小出しに思え、ストーリーを掴みづらいです。
そして一人重い展開になっているニーナ、最初の騒ぎの中にほとんど入っていませんし、そういうい性格だと分かっていても、なんだか弾かれている感じがします。

▲上へ

あ行 か行 さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行